• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

neoneo #09 いのちの記録 障がい・難病・介護・福祉

¥ 1,100

近年、「障がい」や「難病」「介護」「福祉」等をモチーフにしたドキュメンタリー作品が発表される機会が増えてきました。映画では、旧作が見直される機会や継続的な自主上映会が増え、 テレビでは、かつては考えられないようなタブーに挑む番組が放送されています。一方で 、2016年7月26日には神奈川県相模原市で入所者19人が刺殺される事件が起こり、「いのちの価値」の問題が、あらためて問われています。

誰もが当事者となりうるこの時代に「いのち」の問題と向きあうとき、ドキュメンタリーには、さまざまな「いのち」を記録し、映しだしてきた歴史がありました。
時には静かに、時には熱い、しかし確かな、たたかいの歴史。

多くのドキュメンタリーに描かれた「いのちの記録」から一体何がみえるのか、
読者の皆さんと一緒に考えていけたら幸いです。
[編集部より]

出版社|neoneo編集室
定価|1000円+税
判型|A5判
ページ数|144
ISBN|978-4-906960-08-8
刊行|2017年7月

Contents
作家特集 柳澤壽男
講演録  柳澤壽男 福祉映画づくり、いってこいの関係 解題 菊井崇史
エッセイ 過ぎし日の柳澤壽男監督 伏屋博雄
論考  『夜明け前の子どもたち』論 堤拓哉
身体障がい
作品ガイド
エッセイ 彼らがカメラを持つときは〜当事者のセルフ・ドキュメンタリー〜 佐藤寛朗
論考  『さようならCP』が映したもの 荒井裕樹
作品論 『ねむの木の詩がきこえる』論 山下研
論考  『典子は、今』をめぐって 藤田修平
論考   『Murder Ball』から考える障害者スポーツの世界 渡正
視覚・聴覚障がい
作品ガイド
レポート『LISTEN リッスン』と東京ろう映画祭の覚書 大久保渉
論考   手話とろう運動の世界 加藤晃生
知的障がい
作品ガイド
論考   佐藤真による生の芸術 金子遊
エッセイ 伊勢真一さんのこと 飯田光代
論考   弱さを肯定するまなざし —— 伊勢真一論 東志津
精神・発達障がい
作品ガイド
エッセイ 『かけがえの前進』江端一起とのこと 長岡野亜
論考   監視と観察 ——『チチカット・フォーリーズ』論序説 萩野亮
高齢者・介護
作品ガイド
インタビュー “人間の老い”と“ケアのシステム”を見つめ続けて 羽田澄子
エッセイ  「視線の病」に気づく —— 認知症を撮るということ —— 川村雄次
インタビュー 私にとっての『毎アル』シリーズ 関口祐加
エッセイ   誰が心血を注いでケアをするのか 大宮浩一
福祉
作品ガイド
エッセイ  羽田澄子監督の福祉ドキュメンタリー 山石幸雄
エッセイ  きっかけは『街の灯』 平塚千穂子
論考    障害とセックス、あるいはその融和におけるあくなき葛藤 若林良
エッセイ  希望のありか 茂木薫
難病
作品ガイド
エッセイ  テレビ・ドキュメンタリーと難病 若木康輔
論考    国立ハンセン病資料館の映像資料をめぐって 橋本一径
児童福祉・教育
作品ガイド
エッセイ   ドキュメンタリーが発見した子どもたち 佐藤奈緒子
インタビュー こども映画教室の活動について 土肥悦子

いのちの記録 代表的作品リスト+関連年表

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    厚さ3cmまでの書籍、Blu-ray、DVD、雑貨が対象。同梱も可能です。

    全国一律 250円

※6,000円以上のご注文で送料が無料になります。

Related Items

  • neoneo #12 沖縄のドキュメンタリー
    ¥ 1,100
  • neoneo #11 ダイレクトシネマの現在
    ¥ 1,100
  • neoneo #10 環境とネイチャー
    ¥ 1,100

商品の評価