• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

neoneo #06 ドキュメンタリーの方法

¥ 1,100

出版社|neoneo編集室
定価|1000円+税
判型|A5判
ページ数|130
ISBN|978-4-906960-05-7
刊行|2015年12月

Contents
【巻頭インタビュー】
ペドロ・コスタ(映画作家)黒人移民の共同的な記憶をたどる『ホース・マネー』 
※山形国際ドキュメンタリー映画祭2015大賞(ロバート&フランシスフラハティ賞)

【特集①】ドキュメンタリーのつくりかた 〜企画・撮影・編集・公開まで〜
今回の特集は、ずばり、ドキュメンタリーの「つくりかた」。
ドキュメンタリーのアイディアが生まれ、撮影に進み、無事完成して観客の前で上映(放送)されるまでには、どのような人たちが関わり、どのような仕事に何を考えながら取り組んでいるのでしょうか。
ひとりですべてをやってのける映像作家から、テレビ局で企画の実現に奔走するプロデューサー、映画学校を卒業したばかりの新人監督、1つの分野を極める技術者まで、企画、撮影、編集、録音、資金調達、配給宣伝……それぞれの現場から届けられた最新の〈方法論〉を紹介し、ドキュメンタリーの制作プロセスを可視化します。

[図解]チャート式 ドキュメンタリーのつくりかた〜あなたに向くのはこんな道〜

インタビュー[企画・製作]「映画も。テレビも。両方作るのは時代の必然」橋本佳子(ドキュメンタリージャパン・プロデューサー)
論考[企画・製作] キドアイラクの共感が企画を発進させる! 日笠昭彦(前「NNNドキュメント」プロデューサー/創造の森 代表)

コラム[演出]ドキュメンタリーのAD 佐藤寛朗(neoneo編集室)
論考[演出]地方テレビ局だから出来た二十六年間の長期取材 映画『夢は牛のお医者さん』 時田美昭(テレビ新潟報道部)
エッセイ[演出]『桜の樹の下』が完成するまで 田中圭(映像作家/YIDFF 2015で上映)
エッセイ[演出]ノイズ/film.factory/鉱(あらがね)小田香(映像作家/YIDFF 2015で上映)
コラム[演出]土足力とビョーキ 金田浩樹(ニコニコ生放送『ドキュメンタリストの穴』ディレクター)
論考[演出]あえかなる部屋 内藤礼と光たち——カメラの他者性が暴いたアートの本質と、触覚としてのカメラ 中村祐子(映像作家/テレビマンユニオン)

論考[撮影]ドキュメンタリーに立つカメラマン 辻智彦(キャメラマン)
論考[編集]ドキュメンタリー映画における編集者の役割 秦岳志(映画編集)

インタビュー[アフレコ]『情熱大陸』のナレーション 窪田等(『情熱大陸』ナレーター)
コラム[録音]ドキュメンタリーの音 黄永昌(録音)
コラム[構成]構成作家からひとこと 若木康輔(構成作家)

インタビュー[上映]「面白いが一番の基準。でもそれだけじゃないよね」 大槻貴宏(ポレポレ東中野支配人)
論考[公開]MotionGalleryの五年間を振り返って〜ドキュメンタリー映画にクラウドファンディングが与えた影響と課題〜 大高健志(MotionGallery代表取締役)
論考[配給宣伝]僕らなりの理説はあるのですが 渡辺祐一(合同会社東風)

コラム[教育]映画としてのドキュメンタリー制作の授業 藤田修平(映像作家)
コラム[教育]ドキュメンタリーの教育機関 岡村亜紀子(neoneo編集室)
記録[自主製作]ドキュメンタリーが立ち上がるとき——山形に集団移住した小川プロ 
伏屋博雄(元小川プロプロデューサー)
コラム[映画祭]ドキュメンタリーの経由地〜映画祭に応募しよう~ 神原健太朗(シネマ・メディエーター)

【特集②】巨匠ヨリス・イヴェンスの方法
オランダに生まれ、スペイン、ソ連、中国、ベトナム、米国、チリ…世界中を旅しながら76年間、記録映画を撮り続けた映像作家、ヨリス・イヴェンス(1898-1989)。その肖像と軌跡を、さまざまな論考にて紹介します。代表作『雨』や『北緯17度』、そして日本と縁深いあの作品……真のドキュメンタリー映画の巨匠の、創作の秘密に迫ります。

作家ガイド イヴェンス小伝 若林良(映像批評)
エッセイ 記憶のヨリス・イヴェンス特集 小野聖子(YIDFF ’99 イヴェンス特集コーディネーター)
作品論  映画の韻律性・音楽性 〜ヨリス・イヴェンス『雨』をめぐって〜 原將人(映像作家)
作家論 《風の王子さま》——ヨリス・イヴェンスの肖像 岡田秀則(映画研究者)
作家論  個々の「形式」にひしめく複数の「形式」 菊井崇史(詩・批評・写真)
論考  
雨、そしてアムステルダム──ヨリス・イヴェンスの映画術 千葉文夫(早稲田大学教授)
論考
戦時の人類学 イヴェンスとベネディクト 金子遊(映像作家・批評家)
作品論
イヴェンス「一九六八年」―『北緯17度』をめぐって― 北小路隆志(映画評論家)

◆映画評論大賞2015 結果発表!
受賞作、佳作、奨励賞の発表
受賞者プロフィール 選評 波多野哲朗、村山匡一郎、金子遊
受賞作 國民的アイドルの創生――AKB48に見るファシスト美学の今日的あらわれ 
伊藤弘了

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    厚さ3cmまでの書籍、Blu-ray、DVD、雑貨が対象。同梱も可能です。

    全国一律 250円

※6,000円以上のご注文で送料が無料になります。

Related Items

  • neoneo #12 沖縄のドキュメンタリー
    ¥ 1,100
  • neoneo #11 ダイレクトシネマの現在
    ¥ 1,100
  • neoneo #10 環境とネイチャー
    ¥ 1,100

商品の評価