• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

坂口恭平:新しい花[CD]

¥ 1,650

日常生活の音楽。

新政府総理大臣・坂口恭平の3年ぶりの新譜は、熊本・新町の作家自宅に寝そべっているかのような、くつろいだ臨場感。NHKもがオンエアした世紀の名曲、大杉栄「魔子よ魔子よ」に続く近代詩シリーズ、室生犀星「三月」、北原白秋「掌」、立原道造「草に寝て……」も胸をうつ。炊事の手をとめて妻のフーさんが歌う美しすぎる「西港」へゆったりと向かう、45分間の日常生活の音楽。冒険家・石川直樹が熊本の一家の日常をとらえたジャケットも必見です。作家本人の解題「新しい花という小さな宴」と制作ノート、妻フーさんの初作文「台所から愛を込めて」も収録。
[出版社より]

「坂口恭平さんの新しいアルバムがとってもいい/「僕は音楽家ではない。」と言われたら/音楽家の私たちはどうしたらいいのだろうかと思うほどの」
––中納良恵[EGO-WRAPPIN’]

「なんと言うか、持っているだけで嬉しくなる。ここには歌のある生活がある。このCDは、歌いながら生きる家族の記録である」
––植田浩平[PEOPLE BOOKSTORE、2015年5月19日付常陽新聞]

歌とギター|坂口恭平
出版社|土曜社
定価|1500円+税
収録|全11曲[44分26秒]
ISBN|978-4-9905587-5-8
初版|2015年5月

Contents
1. 春の亡霊(作詞・作曲:坂口恭平)
2. あばらの月(作詞・作曲:坂口恭平)
3. プラム(作詞・作曲:坂口恭平)
4. 雨の椅子(作詞・作曲:坂口恭平)
5. 幻魚(作詞・作曲:坂口恭平)
6. 三月(詩:室生犀星、作曲:坂口恭平)
7. 草に寝て……(詩:立原道造、作曲:坂口恭平)
8. 掌(詩:北原白秋、作曲:坂口恭平)
9. 白夜(作詞・作曲:坂口恭平)
10. 霧(作詞・作曲:坂口恭平)
11. 西港(作詞・作曲:坂口恭平)

Author
坂口恭平 〈さかぐち・きょうへい〉
1978年、熊本に生まれる。建築家・新政府初代内閣総理大臣。19歳のとき、路上で歌えば一日1万円を稼げることを知り、「生きのびるための技術」として歌を位置づける。初期レコーディング音源にフルアルバム『TAPES』および、幻のバンド MAN 名義のミニアルバム『MAN』があるが、いずれも市販されていない。2012年に初の市販アルバムとなる『Practice for a Revolution』を発表し、ホールで初のリサイタルをおこなう。落語から一人芝居までを養分とする特異な語りの人気と並行して、語りを締めるギターと歌に心奪われる向きが続出している。著作に『独立国家のつくりかた』『現実脱出論』『ゼロから始める都市型狩猟採集生活』『坂口恭平のぼうけん』など。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    厚さ3cmまでの書籍、Blu-ray、DVD、雑貨が対象。同梱も可能です。

    全国一律 250円

※6,000円以上のご注文で送料が無料になります。

Related Items

  • 坂口恭平:Practice for a Revolution[CD]
    ¥ 1,650
  • ハンドクリップ
    ¥ 385
  • トルコ製小型ミル
    ¥ 1,320

商品の評価