• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

ジャン・ルーシュ 映像人類学の越境者

¥ 4,730

想像の右眼、現実の左眼、複眼のシネアスト。

シネマ・ヴェリテの創始者にして映像人類学の巨人、ジャン・ルーシュ。フランスとアフリカを往還しながら、フィクション、ドキュメンタリー、エスノロジーの枠を越え、撮影対象との「共有」のなかから作品を創り上げる手法はヌーヴェル・ヴァーグの潮流を生み出した。

そのカメラは、ファインダーを通して想像と現実を融解させ、呪術や魔術、憑依儀礼に入り込むシネ・トランスとなる。本書は、「カメラと人間」をはじめとした作家自身による代表的な著作の翻訳と、多彩な研究者、作家による論考、詳細な資料からジャン・ルーシュの広大な世界を探る。
[出版社より]


編者|千葉文夫・金子遊
執筆者|伊藤俊治、港千尋、金子遊、佐久間寛、箭内匡、千葉文夫、川瀬慈、東志保、ガブリエラ・トゥルジーリョ、谷昌親、アンドレア・パガニーニ
出版社|森話社
定価|4,300円+税
判型|A5判
ページ数|416

ISBN|978-4-86405-142-2
初版|2019年10月

Contents
まえがき=金子遊

[Ⅰ]
1 シネ・トランスの彼方へ──ジャン・ルーシュの憑依儀礼映像を中心に=伊藤俊治
2 挑発と笑い──ジャン・ルーシュと仲間たち=港千尋
3 エスノフィクションの方法=金子遊

[Ⅱ]
4 銛とカメラ──『大河での闘い』をめぐって=佐久間寛
5 神々が息づく映画──ルーシュとアフリカ的自然=箭内匡
6 グリオールとレリスのあいだに──ドゴンの儀礼をめぐるルーシュの映像誌=千葉文夫
7 神々との終わりなきインプロヴィゼーション=川瀬慈

[Ⅲ]
8 交差する視線──ジャン・ルーシュとクリス・マルケル=東志保
9 未完のまま、どこかあるところに──ジャン・ルーシュの映画におけるパリを舞台とする出会いのポエジー=ガブリエラ・トゥルジーリョ[千葉文夫=訳]
10 「シネ・トランス」と生成変化──ジャン・ルーシュにおける客観的偶然と憑依の映画的作用=谷昌親

[Ⅳ]ジャン・ルーシュ著作
11 ジャン・ルーシュ──接触カメラを手にした人=アンドレア・パガニーニ[千葉文夫=訳]
12 他者と聖性──聖なる遊戯、政治的なる遊戯 [千葉文夫・柳沢史明=訳]
13 カメラと人間 [谷昌親=訳]
14 真と偽と [吉田隼人=訳]
15 人格の変化について──憑依者、魔術師、呪術師、映画作家、民族誌家における [吉田隼人=訳]

[Ⅴ]資料編
16 ジャン・ルーシュ インタヴュー[1988]──一九三七年、私はアンリ・ラングロワのシネマテークの最初の会員の一人でした [武田潔=聞き手・構成・訳]

あとがき=千葉文夫
ジャン・ルーシュ 著作&関連書籍
ジャン・ルーシュ フィルモグラフィー&作品名索引 執筆者紹介

Editor
千葉文夫 Fumio Chiba
早稲田大学名誉教授。著書に『ファントマ幻想──30年代パリのメディアと芸術家たち』(青土社、1998)、『ミシェル・レリスの肖像』(みすず書房、2019)、分担執筆に『クリス・マルケル 遊動と闘争のシネアスト』(森話社、2014)、『ストローブ ユイレ──シネマの絶対に向けて』(森話社、2018)、『文化解体の想像力──シュルレアリスムと人類学的思考の近代』(人文書院、2000)、訳書に『ミシェル・レリス日記』(1・2、みすず書房、2001-2002)、ミシェル・レリス『縫糸』(平凡社、2018)、ミシェル・シュネデール『グレン・グールド──孤独のアリア』(ちくま学芸文庫、1995)など。

金子 遊 Yu Kaneko
批評家、映像作家。多摩美術大学准教授。『映像の境域──アートフィルム/ワールドシネマ』(森話社、2017)で、第39回サントリー学芸賞<芸術・文学部門>を受賞。ほかの著書に『辺境のフォークロア──ポスト・コロニアル時代の自然の思考』(河出書房新社、2015)、『ドキュメンタリー映画術』(論創社、2017)、『混血列島論──ポスト民俗学の試み』(フィルムアート社、2018)、『悦楽のクリティシズム──2010年代批評集成』(論創社、2019)など。編著書に『クリス・マルケル?遊動と闘争のシネアスト』(共編、森話社、2014)、『アメリカン・アヴァンガルド・ムーヴィ』(共編、森話社、2016)ほか。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥ 250が掛かります。

Related Items

  • 雷蔵の色[バーゲンブック]
    ¥ 800
  • 〈アメリカ映画史〉再構築——社会派ドキュメンタリーからブロックバスターまで
    ¥ 6,930
  • あなたの名はマリア・シュナイダー ──「悲劇の女優」の素顔
    ¥ 3,080

商品の評価