• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

意地の美学 佐藤忠男時代劇映画大全[バーゲンブック]

¥ 2,800
¥ 1,400
50%OFF

巻頭対談 山田洋次監督、時代劇映画を語る。

「要するに殺せばいいというわけじゃないところが面白い。つまりは卑怯なことをして相手に勝ってもその不名誉は残っていく。侍らしい勝ち方をしなきゃいけないというモラルが叩きこまれてるんですよね」(「名匠たちとの対談」より)
[出版社より]


著 者|佐藤忠男
企画・構成|野沢一馬
出版社|じゃこめてい出版
定 価|2,800円+税
判 型|四六判
頁 数|384

ISBN|978-4-88043-411-7
初 版|2008年12月


Contents
1 名匠たちとの対談―山田洋次監督/熊井啓監督
2 時代劇の魅力とは何か
3 時代劇の確立―チャンバラが思想を持つ
4 ふたたび甦る“ヒーロー伝説”
5 私が愛した巨匠・名匠たち
6 時代劇スターへの讃歌
7 政治ドラマの世界を斬る!
8 時代劇レビュー―名作・傑作選
私が選んだ時代劇秀作247本(製作年代順)


Author
佐藤忠男 Tadao Sato
1930年、新潟市生まれ。「映画評論」・「思想の科学」の編集にたずさわり、その後、映画評論家として活躍。日本映画学校校長を歴任。数多くの映画人を育てる。1996年に紫綬褒章を受章。アジアや中東の映画にも精通し、映画文化の世界的な貢献にも寄与。主な著書に、「日本映画史」(岩波書店)「黒澤明の世界」(朝日新聞社)「映画をどう見るか」(講談社)など多数。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    厚さ3cmまでの書籍、Blu-ray、DVD、雑貨が対象。同梱も可能です。

    全国一律 250円

※3,600円以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • 僕は庭師になった
    ¥ 1,528
  • F/T 11 ドキュメント 私たちは何を語ることができるのか?
    ¥ 1,572
  • 武器としての「資本論」
    ¥ 1,760

商品の評価