• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

撮る:カンヌからヤミ市へ[バーゲンブック]

¥ 3,200
¥ 1,600
50%OFF

SOLD OUT

助監督時代から最新作「赤い橋の下のぬるい水」、そして次回作まで、インタビュー、エッセイ、スチールで明かすイマムラ映像の全貌。特別収録「赤い殺意」現場台本。
[出版社より]


著 者|今村昌平
出版社|工作舎
定 価|3,200円+税
判 型|A5判
頁 数|355

ISBN|978-4-8074-1399-7
初 版|2001年3月


Contents
第1部 語る
女性の性の根源にわだかまるものを突きとめたい——「赤い橋の下のぬるい水」(2001)
役者を動かしているうちに、すっかり変わってきてしまう——原作とシナリオ
端役みたいな役柄でも存在感がきりっとあってね——役者不足
ほか

第2部 撮る
劇場映画
TV・記録映画
現場台本「赤い殺意」
作品リスト
年譜

第3部 綴る
青春紀行・松竹助監督時代
みなと紀行・横須賀
フィクションとドキュメンタリーのあわいで
ほか

あとがきにかえて


Author
今村昌平 Shohei Imamura
1926年、東京出身。早稲田大学文学部卒。黒澤明作品を観て映画監督を志し、小津安二郎監督、川島雄三監督らの助監督を経て、「盗まれた欲情」で監督デビュー。国内ではもちろん、国際的にも、二度のカンヌ映画祭のグランプリ(パルムドール)受賞に象徴されるように、つねにトップクラスの評価を受け続けている。最新作は「赤い橋の下のぬるい水」、次回作は「新宿桜幻想」。[刊行当時]

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    厚さ3cmまでの書籍、Blu-ray、DVD、雑貨が対象。同梱も可能です。

    全国一律 250円

※6,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • 有馬稲子 わが愛と残酷の映画史
    ¥ 2,090
  • 映画はいかにして死ぬか 横断的映画史の試み[新装版]
    ¥ 2,420
  • シネマの記憶装置[新装版]
    ¥ 2,420

商品の評価