• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

シネマの大義 廣瀬純映画論集

¥ 3,300

「それでもあなたはあなたの豊かな想像力のはけ口としてフィルムを作り続けるのか?」

蓮實重彦以来の「シネマ」概念をめぐり、その「大義」とは何かを問うべくして書かれた、2005~2017年までの廣瀬純による主要映画批評・論考を一挙収録。

「映画批評とは何をなすべきか」をめぐっての現代日本の最も果敢な実践がここにある

現代日本において最も先鋭的かつ実践的な映画批評を手がける廣瀬純による、現時点までのキャリアを総括した初の映画論集がここに完成。

単行本未収録論考はもちろん、国内未発表テクストほか、講演、討議、座談会まで、廣瀬純による「言葉」をめぐるパフォーマンスをこの一冊に凝縮した。

映画を見ること、映画をつくること、そして映画を思考することとは、いったいどのようにこの世界と関わるのか? 映画に携わるあらゆる人々のために、そして映画それ自体のために紡がれた、映画批評の真の現在形がここにある。
[出版社より]


著 者|廣瀬純
出版社|フィルムアート社
定 価|3,000円+税
判 型|四六判
頁 数|560

ISBN|978-4-8459-1639-9
初版|2017年7月


Contents
・レヴィナス、ゴダール、小津安二郎──切り返しショットの系譜学
・ロメール映画のなかの女たち――出来事を創造する
・クロード・シャブロル──『悪の華』と再生産
・ポー、エプシュタイン、青山――ユリイカ対ユリイカ
・カトリーヌ・ドゥヌーヴ――脱性化されたモンロー
・エイゼンシュテイン、グレミヨン、ローシャ、ストローブ=ユイレ――地理映画(ジオ=シネマ)の地下水脈
・『ダゲレオタイプの女』問題、あるいは、黒沢映画の唯物論的転回 
・ストローブ=ユイレ、フォード――そよ風の吹き抜けるサイエンス・フィクション
・若松孝二『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』──道程に終わりはない
・フーコー、イーストウッド――無理な芝居の一撃
・クェンティン・タランティーノ――Shoot This Piece of Shit
・空族『サウダーヂ』――Outra vez…, mas!
・レオス・カラックス『ホーリー・モーターズ』──ルックス映画の極北
・マルコ・べロッキオ『ポケットの中の握り拳』――暴力階級と垂直落下
・高倉健追悼――客分として生きる
・ロべール・ブレッソン――不確かさと二階層構造
・鈴木清順追悼――運命、恥辱、人民

and more……


Author
廣瀬純 Jun Hirose
1971年東京生まれ。1999年、パリ第三大学映画視聴覚研究科DEA課程修了(フランス政府給費留学生)。2004年4月より、龍谷大学経営学部フランス語専任講師に就任、現在は同大学同学部教授。映画批評誌「カイエ・デュ・シネマ・ジャポン」(勁草書房)元編集委員、仏・映画研究誌「VERTIGO」(Image En Manoeuvres Editions)編集委員。

著書に『資本の専制、奴隷の叛逆――「南欧」先鋭思想家8人に訊く ヨーロッパ情勢徹底分析』(2016、航思社)『暴力階級とは何か――情勢下の政治哲学2011-2015』(2015、航思社)『アントニオ・ネグリ 革命の哲学』(2013、青土社)『絶望論――革命的になることについて』(2013、月曜社)『蜂起とともに愛がはじまる――思想/政治のための32章』(2012、河出書房新社)『シネキャピタル』(2009、洛北出版)『闘争の最小回路――南米の政治空間に学ぶ変革のレッスン』(2006、人文書院)『美味しい料理の哲学』(2005、河出書房新社)。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • レターパックプラス

    厚さ3センチ、またはA4判を越える商品はこちらで発送します。可能なかぎりおまとめ

    全国一律 520円

※4,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • SF映画のタイポグラフィとデザイン
    ¥ 4,180
  • 京大的文化事典 自由とカオスの生態系
    ¥ 1,760
  • クエンティン・タランティーノ 映画に魂を売った男
    ¥ 3,300

商品の評価