• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

国境を超える現代ヨーロッパ映画250 移民・辺境・マイノリティ[バーゲンブック]

¥3,100
¥1,550
50%OFF

再入荷のお知らせを希望する

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

「移民・難民」「辺境」「マイノリティ」をキーワードに、国家の狭間に漂う身体を描く現代ヨーロッパ映画作品・監督を包括的に紹介。映画批評の地平を拓く画期的フィルムガイド&論考集!
[出版社より]


編 者|野崎歓・渋谷哲也・夏目深雪・金子遊
出版社|河出書房新社
定 価|3,100円+税
判 型|A5判
頁 数|328

ISBN|978-4-309-27652-6
初 版|2015年10月


Contents
はじめに 夏目深雪

第1章 移民映画の20年、10本
 座談会 移民映画の20年、10本 野崎歓*渋谷哲也*金子遊
 作品ガイド集 移民映画の10本

第2章 境界線を探る監督たち―移民・難民・異郷・辺境・少数民族
西欧
 インタビュー 越境映画を追いかけて 矢田部吉彦
 コラム イギリス映画のなかの移民 北小路隆志
 コラム 映画に見るアイルランド 藤田修平
 鼎 談 移民とフランス文化をめぐって 野崎歓*澤田直*陣野俊史
 インタビュー トニー・ガトリフとの対話
 コラム 移民とフランス映画をめぐる幾つかの覚え書 瀬尾尚史

中央ヨーロッパ
 コラム ファスビンダー映画の黒人、アラブ人 渋谷哲也
 コラム ストローブ=ユイレ ネイティヴではない映画を撮ること 渋谷哲也
 評 論 ドイツ映画の内なるボーダー 渋谷哲也
 評 論 タル・ベーラ 〈事後性〉をめぐって 四方田犬彦

南欧
 評 論 モンテイロとポルトガル映画の挑戦 福間健二
 コラム アンゲロプロスと国境の向こう 池澤夏樹

北欧
 コラム 北欧映画の現在——女性監督と移民クリエイターの躍進 渡辺芳子

東欧
 コラム タルコフスキー エレメンツと亡命 管啓次郎
 評 論 テンギズ・アブラゼ カフカース映画の民話的宇宙 金子遊

あとがき 夏目深雪


Editor
野崎歓 Kan Nozaki
1959年新潟県生れ。フランス文学者。翻訳家。東京大学人文社会系研究科・文学部教授

渋谷哲也 Tetsuya Shibutani
1965年兵庫県生まれ。学習院大学大学院博士後期課程満期退学。東京国際大学国際関係学部准教授。ドイツ映画研究。ドイツ映画の字幕翻訳も多数手掛ける

夏目深雪 Miyuki Natsume
批評家、編集者。映画を中心に、演劇やダンスについても執筆。慶應義塾大学非常勤講師(アジア映画)。フランス文学を学び、出版社勤務を経て1年間パリでシネフィル生活を送る。映画祭のコンペ選考業務にも携わる

金子遊 Yu Kaneko
1974年生まれ。批評家、映像作家、民族誌学。ドキュメンタリーマガジン「neoneo」編集委員、慶應義塾大学非常勤講師、山形国際ドキュメンタリー映画祭2015コーディネーター

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥250が掛かります。

Related Items

  • 逆さに吊るされた男
    ¥1,870
  • ヒッピーのはじまり
    ¥2,970
  • ユリイカ 2021年09月号 立花隆
    ¥1,760

商品の評価