• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

「戦後」日本映画論 一九五〇年代を読む[バーゲンブック]

¥ 4,600
¥ 2,300
50%OFF

社会状況が激変した敗戦・占領期から高度成長期に至る直前の1950年代――当時の日本映画に潜在する政治性とダイナミズムを、映画作品、それを支えた技術、産業、観客を読み解くことで明らかにする。絶え間なく生産される「戦後」イメージを問い直す論考集。
[出版社より]


編著者|ミツヨ・ワダ・マルシアーノ
出版社|青弓社
定 価|4,600円+税
判 型|A5判/並製
頁 数|340

ISBN|978-4-7872-7324-6
初 版|2012年10月


Contents
序 論 多様な日本の「戦後」、そしてその歪み ミツヨ・ワダ・マルシアーノ
 1 歴史の断絶と連続
 2 “大きな物語”に取って代わるもの

第1部 資本主義と会社主義――サラリーマンの時代

第1章 (再)定義される労働力――貫戦史でのサラリーマン映画 ミツヨ・ワダ・マルシアーノ
 1 映画史における力学
 2 「恐妻家」、その戦後的アトラクション
 3 温情主義、十九世紀末から継続する日本企業イデオロギー
 4 結論

第2章 社長シリーズから「戦後」をみる――資本・人脈・身のならい 西村大志
 1 資本
 2 人脈
 3 身のならい

第2部 社会問題と不安――社会的なるもの、個人的なるもの

第3章 同伴者のポチョムキン――山村聰『蟹工船』が描いたもの 鳥羽耕史
 1 『蟹工船』と『戦艦ポチョムキン』
 2 消去されるロシアと「赤化宣伝」
 3 プロレタリア文学と反戦映画の円環

第4章 原水爆、家長、嫁――『生きものの記録』(一九五五年)における「私」の自壊 中村秀之
 1 「原水爆」のコミュニケーション――意図とその成否に対する評価
 2 問題としての家長――〈ポスト占領期三部作〉の変容
 3 「おかあさんの民主主義」――コンテクストとしての女性の公共圏
 4 物言う家族の物言わぬ嫁――自壊と共犯の政治的無意識

第5章 「大衆」としての映画観客 藤木秀朗
 1 モダニズム、階級、消費を超えて――戦前・戦中の「大衆」
 2 「新しい群集」と「民主」――戦後の「大衆」
 3 矛盾の噴出――松下圭一と南博

第6章 妻の選択――戦後民主主義的中絶映画の系譜 木下千花
 1 戦後とは何か
 2 妊娠映画の戦後民主主義時代
 3 戦後民主主義とプロレタリア妊娠映画――『女の一生』(一九四九年)
 4 映画倫理規程管理委員会と夫婦の寝室
 5 妊娠をめぐる公共圏としての映画

第3部 「時代」劇と時代精神

第7章 『忠臣蔵』映画はなぜ昭和三十年代に黄金期を迎えたのか 谷川建司
 1 様々なメディアの融合としての『忠臣蔵』
 2 占領政策としての“『忠臣蔵』もの”の禁止とその反動
 3 映画というメディアそのものの変容と『忠臣蔵』のコンテンツの関係
 4 戦後日本社会の鏡としての質的変化

第8章 『明治天皇と日露大戦争』(一九五七年)の「戦後」観客 ハン・ナミ
 1 明治天皇と新東宝スコープ
 2 『明治天皇と日露大戦争』の観客たち(audiences)
 3 『明治天皇と日露大戦争』の観客(spectator)

第4部 アニメーション――その日本的なるものと世界的なるもの

第9章 戦前から戦後におけるアニメーションのスタイルの変遷――東映動画を中心に 桑原圭裕
 1 前期の日本アニメーション
 2 戦後日本アニメーションの象徴としての東映動画
 3 日本アニメーションにおける戦前と戦後の非連続性

第10章 「アニメーション」の誕生――一九五〇年代日本における海外アニメーションの受容とその影響 土居伸彰
 1 一九五〇年代の海外アニメーションの状況と日本での受容
 2 「アニメーション」の誕生

第5部 技法をめぐって――音楽・演出・テクノロジー

第11章 『赤線地帯』の十二音技法――溝口健二と戦後日本の現代音楽 長門洋平
 1 赤線地帯論争――黛敏郎vs.津村秀夫
 2 サウンドトラックとしての現代音楽――『エデンの東』(一九五四年)、『必死の逃亡者』(一九五五年)、『赤線地帯』(一九五六年)
 3 「客観主義的映画音楽」の実践
 4 『赤線地帯』の二人の主人公

第12章 総天然色映画の超克――イーストマン・カラーから「大映カラー」への力学 冨田美香
 1 「戦後復興」の目標値
 2 技術立国と文化日本のシンボル
 3 大映カラー誕生のプロセス
 4 戦後復興と「大映カラー」

あとがき ミツヨ・ワダ・マルシアーノ


Editor
ミツヨ・ワダ・マルシアーノ
カールトン大学(カナダ)芸術文化学部准教授、国際日本文化研究センター客員研究員(2010-11年)、京都大学大学院研究科招聘外国人研究員(2012-13年)。専攻は日本映画、映像文化史。著書に『デジタル時代の日本映画』『ニッポン・モダン』(ともに名古屋大学出版会)など。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    厚さ3cmまでの書籍、Blu-ray、DVD、雑貨が対象。同梱も可能です。

    全国一律 250円

※3,600円以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • ミシェル・フーコー
    ¥ 902
  • into the light / 山谷佑介作品集
    ¥ 5,500
  • Painting / ゲルハルト・リヒター作品集
    ¥ 2,970

商品の評価