• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

新たなる傷つきし者 ーー フロイトから神経学へ 現代の心的外傷を考える[バーゲンブック]

¥ 3,400
¥ 1,700
50%OFF

アルツハイマー病の患者、戦争の心的外傷被害者、テロ行為の被害者……過去も幼児期も個人史もない、新しい人格が、脳の損傷からつくられる可能性を思考する画期的哲学書。千葉雅也氏絶賛!
[出版社より]

著 書|カトリーヌ・マラブー
訳 者|平野 徹
出版社|河出書房新社
定 価|3,400円+税
判 型|B6判/並製
頁 数|372

ISBN|978-4-309-24767-0
初 版|2016年07月


Contents
序論
第1部 神経学の下位におかれる性事象(因果性の「新しい地図」;脳の自己触発;脳損傷―神経学的小説から意識不在の劇場へ;先行段階なき同一性;精神分析の異議申し立て―破壊欲動なき破壊は存在しうるか)
第2部 脳事象の無力化(フロイトと“あらかじめ存在する亀裂の線”;心的出来事とは何か;「リビドー理論」そして性事象の自身に対する他性―外傷神経症と戦争神経症を問い直す;分離、死、もの フロイト、ラカン、出会いそこね;神経学の異議申し立て―「出来事を修復する」)
第3部 快原則の彼岸をめぐって―実在するものとしての(治癒や緩解には最悪の事態を忘れさせるおそれがある;修復の両義性 弾性から復元性へ;反復強迫の可塑性へ;偶発事故の主体)
結論


Author
カトリーヌ・マラブー Catherine Malabou
1959年生まれ。哲学者。現在、英キングストン大学近代ヨーロッパ哲学研究センター(Center for Research in Modern European Philosophy)教授。ヘーゲルやハイデガーの存在論哲学の研究から出発、ジャック・デリダの指導の下で執筆した博士論文(『ヘーゲルの未来―可塑性・時間性・弁証法』原著1994年刊行)で取り出してみせた「可塑性」の概念を軸に研究活動を展開。2000年代以降は“脳”への関心を強め、現代神経科学の成果に照らして脳の「可塑性」の意義を分析しつつ、「物質的なもの」にもとづく精神哲学の可能性を探究している

Translator
平野 徹 Tohru Hirano
1967年生まれ。ストラスブール大学哲学部修士課程中退.仏語翻訳者。訳書にCh.ドゥローネ『ジャンゴ・ラインハルト伝』。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥ 250が掛かります。

Related Items

  • 博覧会の世紀 1851-1970
    ¥ 2,750
  • オリンピックと万博——巨大イベントのデザイン史
    ¥ 946
  • レイシズムを考える
    ¥ 3,300

商品の評価