• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

カオスモーズ[バーゲンブック]

¥ 2,800
¥ 1,400
50%OFF

SOLD OUT

ガタリが遺した最後の名著。カオス=混沌とコスモス=宇宙が浸透(オスモーズ)する世界へむけた、脱領土化のための地図をつくるガタリ思想のエッセンスを凝縮した美しい預言。
[出版社より]

著 書|フェリックス・ガタリ
訳 者|宮林 寛、小沢 秋広
出版社|河出書房新社
定 価|2,800円+税
判 型|四六判/並製
頁 数|224

ISBN|978-4-309-24300-9
初 版|2004年01月


Contents
目次
1 主体感の生産をめぐって
2 機械性異質発生
3 スキゾ分析によるメタモデル化
4 スキゾなカオスモーズ
5 機械性の口唇性と潜勢的なもののエコロジー
6 美の新しいパラダイム
7 生態哲学の対象


Author
フェリックス・ガタリ Pierre-Félix Guattari
1954年生まれ。立命館大学大学院先端総合学術研究科教授。著書『ドゥルーズと狂気』(河出書房新社)、『あたらしい狂気の歴史』(青土社)他、訳書、ドゥルーズ『意味の論理学』(河出文庫)他。

Translator
宮林 寛 Kan Miybayashi
1957年生まれ。パリ第七大学博士課程修了。慶應義塾大学文学部教授。訳書に、クリスチャン・オステール『待ち合わせ』、ジル・ドゥルーズ『記号と事件』、ドゥルーズ=ガタリ『千のプラトー』など。

小沢 秋広 Akihiro Ozawa
1953年生まれ。京大仏文科卒業後、78年渡仏、パリ第8大学でドゥルーズに学ぶ。現在パリに住む。ドゥルーズ・ガタリの『千のプラトー』訳者の一人。ドゥルーズ、スピノザ等の論考がある。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥ 250が掛かります。

Related Items

  • 博覧会の世紀 1851-1970
    ¥ 2,750
  • オリンピックと万博——巨大イベントのデザイン史
    ¥ 946
  • レイシズムを考える
    ¥ 3,300

商品の評価