• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

「ヒットソング」の作りかた ーー大滝詠一と日本ポップスの開拓者たち[バーゲンブック]

¥ 740
¥ 370
50%OFF

伝説の名プロデューサーが、あの「名盤」誕生の真相を明かす。
なぜ彼らの歌は色褪せないのか? シュガー・ベイブや竹内まりや、加藤和彦、フリッパーズ・ギター、そして忌野清志郎+坂本龍一の「い・け・な・い ルージュマジック」など……、数々の大物ミュージシャンの音楽プロデュースを手掛け、今日まで40年以上業界の最前線で活動を続けてきた伝説の仕掛人が、彼らの素顔と、長く愛され、支持され続けるものづくりの秘密を明らかにする。

■本書に登場するアーティスト
YMO 伊武雅刀忌野清志郎(RCサクセション) 大滝詠一加藤和彦小室等坂本龍一サディスティック・ミカ・バンドザ・フォーク・クルセダーズシュガー・ベイブ鈴木茂センチメンタル・シティ・ロマンス高橋幸宏竹内まりや細野晴臣吉田拓郎 ほか多数
[出版社より]

著 者|牧村 憲一
出版社|NHK出版新書
定 価|740円+税
判 型|新書判/並製
頁 数|208

ISBN|9978-4-14-088506-2
初 版|2016年12月


Contents
序 章 一九七四年に始まる物語
第一章 音楽業界に起きていた地殻変動
第二章 巡り合うポップスの才能たち
第三章 ライブハウスがミュージシャンを育てた
第四章 一九八〇年代に花開いたもの
終 章 「渋谷系」の時代へ


Author
牧村 憲一 Kennichi Makimura
1946年、東京都渋谷区生まれ。音楽プロデューサー、「音学校」主宰。加藤和彦、竹内まりや、フリッパーズ・ギターら数々のアーティストの歴史的名盤の制作・宣伝を手がけ、現在も活躍中。著書に『ニッポン・ポップス・クロニクル 1969 ─1989』(スペースシャワーネットワーク)、『未来型サバイバル音楽論』(中公新書ラクレ、津田大介との共著)がある。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥ 250が掛かります。

Related Items

  • こんな舞台を見てきた——扇田昭彦の日本現代演劇五〇年史[バーゲンブック]
    ¥ 1,450
  • NOVA+ バベル[バーゲンブック]
    ¥ 460
  • NOVA+ 屍者たちの帝国[バーゲンブック]
    ¥ 380

商品の評価