• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

[アーカイブチケット]5/8[日]「新しい〈不純な映画〉のために」(20220508_event.pdf)

¥1,200

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

こちらはオンラインチケットの販売ページです。店内観覧ご希望のかたは mail@roquentin.net まで席数をお知らせください。入場料は当日店頭でお支払いいただきます。



昨秋10月に上梓された評論集『明るい映画、暗い映画——21世紀のスクリーン革命』(blueprint)につづく新著『新映画論 ポストシネマ』(ゲンロン叢書)の刊行を記念して、著者の渡邉大輔さんをお招きいたします。渡邉さんは、「映像圏」という概念を提起した初の単著『イメージの進行形』(人文書院/2012)をはじめとして、現代社会をとりまく「映像」とそのなかにある「映画」について、つねに刺戟的な議論をつづけてこられています。

お相手は、渡邉さんのこのたびの著書を「この十数年間で、そしてこの先何十年間で最も重要な映画史の本になる画期的で野心的な内容」と評する角田亮さんです。世代の異なるふたりが、19世紀末の発明であり、20世紀を充した「シネマ」以後に位置する21世紀の映画=「ポストシネマ」について、こころゆくまで語りあいます。どうぞご期待ください

[本屋ロカンタン・萩野亮]


■ 開催概要

『新映画論 ポストシネマ』刊行記念
「新しい〈不純な映画〉のために」

日 時:2022年05月08日[日]16:00-17:30
会 場:YouTube Live[オンライン]
参加費: 1,200円
ゲスト:渡邉大輔さん ・角田亮さん
聞き手:萩野亮[本屋ロカンタン]


[ ご注意 ]
*お申込みのかたには、折り返しメールにて、YouTube Liveのリンクを記載したPDFファイルのダウンロードURLをお送りいたします。◎ダウンロードには期限がございますので、ご注意ください。購入後すぐにダウンロードしておくことをおすすめいたします。

*Wi-Fi環境などをご確認の上、通信環境の良い場所でご参加ください。
 (視聴画面にうまく接続出来ないなどの不具合が発生した際でも返金はできかねます)
*配信は最善の準備と注意をして行いますが、生配信の特性上、不慮の一時停止や映像・音声の乱れ、インターネット回線のトラブルによる公演の一時中断等の可能性がございます。あらかじめご了承くださいませ。


■ ゲスト

渡邉大輔 Daisuke Watanabe
映画史研究者・批評家。1982年生まれ。跡見学園女子大学文学部准教授。専門は日本映画史・映像文化論・メディア論。映画評論、映像メディア論を中心に、文芸評論、ミステリ評論などの分野で活動を展開。著書に『イメージの進行形』(人文書院)、『明るい映画、暗い映画』(blueprint)、『新映画論』(ゲンロン)。共著に『リメイク映画の創造力』(水声社)、『スクリーン・スタディーズ』(東京大学出版会)、『本格ミステリの本流』(南雲堂)など多数。
◎Twitter: https://twitter.com/diesuke_w

角田亮 Ryo Tsunoda
1963年9月神奈川県川崎市生まれ、立教大学卒。在学中に自主映画サークルS.P.P.(セント・ポールズ・プロダクション)に所属。四年間で黒沢清、万田邦敏、塩田明彦、小中和哉、篠崎誠らの映画制作の現場に参加。一般教養授業で蓮實重彦の映画表現論を受講。

87年、日米合作アニメの最盛期だった頃、南阿佐ヶ谷の制作会社に短期間勤務。そこは『風の谷のナウシカ』を製作後、スタジオジブリを立ち上げるために解散したトップクラフトの居抜き物件。

六本木のテレビ番組制作会社でドキュメンタリー、情報バラエティ、今村昌平製作総指揮、劇場未公開の記録映画、ディズニーの子供番組などの現場を十年くらい。書籍「iPhoneで誰でも映画ができる本」(11年)で映画の技術・技法史のコラム担当。キネマ旬報に「ゴダール再考 最先端映像テクノロジーヲタク、ゴダールを追え! : 初の3D映画「さらば、愛の言葉よ」に至るその足あと」(15年1月下旬号)を寄稿。インディ映画上映会社キネアティック主催で、テクノロジーとイノベーションの映画史の連続講義「デジタルシネマ・サバイバルハンドブック」(13年、全6回)。上映企画「UNKNOWN HOLLYWOOD 知られざるハリウッドクラッシック」(14〜16年、全9回)を共同主催。

『ジョーズ』、『スター・ウォーズ』以降の現在に至る映画/映像史を調査研究中。只今はゲームエンジンで映画/映像をつくるヴァーチャルプロダクションの流れに興味あり。
◎Twitter: https://twitter.com/RyoTsunoda


■ 書誌

『新映画論 ポストシネマ』

著 者|渡邉大輔
出版社|ゲンロン[ゲンロン叢書]
定 価|3,000円+税
判 型|四六判・並製
頁 数|480
ISBN|978-4-907188-44-3
発 行|2022年02月

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(1253485 バイト)

Related Items

  • 新映画論 ポストシネマ
    ¥3,300
  • 彫刻 2——彫刻、死後/新しい彫刻
    ¥3,630
  • Jodo Journal vol.3 距離と創造性
    ¥1,430

商品の評価

Mail Magazine

新商品やキャンペーンなどの最新情報をお届けいたします。