• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

ハリウッド100年のアラブ 魔法のランプからテロリストまで[バーゲンブック]

¥ 1,400
¥ 700
50%OFF

SOLD OUT

9・11以後、アラブ世界は大きな注目を集めてきた。私たちが漠然とイメージするアラブ世界には、ハリウッド映画の影響が少なからずある。ハリウッドが発信するアラブ像はいつしか「グローバル・スタンダード」と化し、世界各地で受け入れられてきた。

古くは『シーク』から、『アラビアのロレンス』、ディズニーのアニメ『アラジン』、そして最近の『ミュンヘン』『ユナイテッド93』に至るまで。そのイメージの連なりからは、アメリカのアラブに対する誤解、偏見、侮蔑、願望、さらには中東戦略や国家プロパガンダも見えてくる。ハリウッド100年を振り返り、「アメリカ映画からは見えないアラブ」「ハリウッドが描かなかったアラブ」を読み解く試み。
[出版社より]


著 者|村上由見子
出版社|朝日新聞社
定 価|1,400円+税
判 型|四六判
頁 数|354

ISBN|978-4-02-259915-5
初 版|2007年2月


Contents
1  聖書世界とアラブ/イスラム
2  アラビアン・ナイトの世界
3  十字軍の幻想
4  アラブの目覚めと「ロレンス伝説」
5  『シーク』狂騒
6  征伐されるアラブ人
7  テロリストたちの肖像
8  映画のような「戦争」と「テロ」


Author
村上由見子 Yumiko Murakami
著述家、慶應義塾大学非常勤講師。主な著書に『イエロー・フェイス――ハリウッド映画にみるアジア人の肖像』(朝日選書)、『アジア系アメリカ人』(中公新書)など、訳書に『マンハッタン、9月11日』(D・E・マーフィー著、中央公論新社)、『ショック・ドクトリン』(共訳、ナオミ・クライン著、岩波書店)などがある。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥ 250が掛かります。

Related Items

  • スティーヴ・レイシーとの対話
    ¥ 3,850
  • 母影
    ¥ 1,430
  • オルタネート
    ¥ 1,815

商品の評価