• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

シュルレアリスムの発見[バーゲンブック]

¥2,800
¥1,400
50%OFF

SOLD OUT

再入荷通知を希望する

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

往時瀧口修造に「小生にとってとりわけ感銘の深いもの、或はそれ以上の波動で小生に多くのことを考えさせ、自己検討を迫るもの」と言わしめた戦前から戦後の日本シュルレアリスム運動の鋭い分析の書。
[出版社より]


著 者|鶴岡 善久
出版社|沖積舎
定 価|2,800円+税
判 型|A5判
頁 数|323

ISBN|9784806047384
初 版|2009年6月


Contents
飛べない翼―状況としてのシュルレアリスム
シュルレアリスムへの断片
“幻想”のためのノート
夢について
白紙に至るまで―“反発見”の視座としてのことば
書くことへの距離
不眠の夢―あるいは日本のシュルレアリスム
言語実験の詩―永遠への試み
日本超現実主義の詩観―燃える白昼の夢へ
超自然とは何か―“超現実主義詩論”と“シュルレアリスム文学論”をめぐって
夢・すなわち呑まれた椅子―西脇順三郎とシュルレアリスム
瀧口修造論―日本シュルレアリスム詩騒動の流れのなかで
“妖精の距離”の意味―一九三〇年代の瀧口修造
夢のゆくすえ―上田敏雄と瀧口修造
帰ってきた子供たち―飯島耕一論
夢への距離―大岡信論
いま開いた鏡の底の―冨士原清一試論
反現実への偏執―棚夏針手とその作品
“土”への祝祭―ミロへの一視角
夢を超える“物”―ルイス・ブリュニエル小論
実地と彼岸から


Author
鶴岡善久 Yoshihisa Tsuruoka
1936年4月13日千葉県茂原市に生まれる。1960年明治大学文学部卒業(卒論の指導教授は唐木順三)。1962年今大路葉子と結婚、二児をもうける。同年瀧口修造と出会い生涯に渡って大きな影響を受ける。公立学校教員を経て青山学院女子短大、敬愛大学で文学と美術を講じた。図録解説多数。NHK日曜美術館、フジテレビテレビ美術館などにも出演。元日本文藝家協会、日本現代詩人会々員。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥250が掛かります。

Related Items

  • 東映動画史論 経営と創造の底流
    ¥3,520
  • 空をゆく巨人
    ¥1,870
  • ISSUE 和田誠のたね
    ¥1,760

商品の評価