• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

被差別小説傑作集[バーゲンブック]

¥720
¥360
50%OFF

SOLD OUT

再入荷通知を希望する

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

近代文学の隠れたテーマ、差別・被差別問題を扱った小説アンソロジー。徳田秋声「藪こうじ」から島木健作「黎明」まで11作。



ここには明治維新以降に書かれた作品十一篇を収録する。いずれも被差別部落に関連する内容である。問題提起、同情、に誤解がまじりもするが、弱者に目を向け寄りそいつつ、被差別者の側にも内包される差別の構造も明るみに出される。初めて文庫で編まれる被差別部落をめぐる文学史でもある。
[出版社より]


編 者|塩見鮮一郎
出版社|河出書房新社[河出文庫]
定 価|720円+税
判 型|文庫判・並製
頁 数|328

ISBN|9784309414447
初 版|2016年03月


Editor
塩見鮮一郎 Senichiro Shiomi
1938年岡山県生まれ。作家。河出書房新社編集部を経て著述業に。主な著書に『浅草弾左衛門』『車善七』『江戸東京を歩く 宿場』『弾左衛門の謎』『異形にされた人たち』『乞胸 江戸の辻芸人』『吉原という異界』等。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥250が掛かります。

Related Items

  • 考える身体
    ¥1,342
  • “ひとり出版社”という働きかた[増補改訂版]
    ¥2,002
  • これからのヴァギナの話をしよう
    ¥2,420

商品の評価