• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

思考術[バーゲンブック]

¥1,400
¥700
50%OFF

SOLD OUT

再入荷通知を希望する

再入荷のお知らせを希望する

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

読み、考え、そして書く――。思考技術の原論を説き、社会科学、文学、自然科学という異なるジャンルの文献から思考をつむぐ実践例を展開。創造的な仕事はいかにして生まれるのか。

人は、思考の化学反応を促進する触媒を必要とする。
そのような触媒の中で最も重要なものは、もちろん、他人たち、相談相手になってくれたり、議論に応じてくれたり、ときにはだまって話を聞いてくれるさまざまな他者たちである。
その次に重要な触媒は、まちがいなく書物だ。
(……)思考を深化させるためには、書物の力を創造的に活用する技術をもたなくてはならない。
本書で、私は、私自身が書物をもとに、どのように思考しているのかを実例によって示してみた。(「まえがき」より)
[出版社より]


著 者|大澤 真幸
出版社|河出書房新社
定 価|1,400円+税
判 型|B6判/並製
頁 数|280

ISBN|978-4-309-62467-9
初 版|2013年12月


Contents
まえがき

序章 思考術原論
 1 何を思考するか
 2 いつ思考するか
 3 どこで思考するか
 4 いかに思考するか
 5 なぜ思考するか
 補論 思想の不法侵入者

第1章 読んで考えるということ 社会科学篇

第2章 読んで考えるということ 文学篇

第3章 読んで考えるということ 自然科学篇

終章 そして、書くということ

あとがき


Author
大澤 真幸 Masachi Osawa
1958年生まれ。社会学者。『身体の比較社会学(Ⅰ・Ⅱ)』『虚構の時代の果て』『文明の内なる衝突』『不可能性の時代』『ナショナリズムの由来』『生きるための自由論』など。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥250が掛かります。

Related Items

  • ギケイキ 千年の流転
    ¥814
  • テアトロン 社会と演劇をつなぐもの
    ¥3,135
  • 逆さに吊るされた男
    ¥1,870

商品の評価