• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

野田秀樹 新しい地図を携えて[バーゲンブック]

¥ 1,200
¥ 600
50%OFF

国内外問わず、多くの観客を虜にしてきた演劇界の天才に迫る! ロングインタビュー/エッセイ/対談×別役実/寄稿=三谷幸喜、萩尾望都、深津絵里、宮沢りえ、長塚圭史、篠山紀信等満載。
[出版社より]

出版社|河出書房新社[KAWADE夢ムック]
定 価|1,200円+税
判 型|A5判/並製
頁 数|240

ISBN|978-4-309-97779-9
初 版|2012年09月

Contents
◆巻頭口絵:NODA・MAP公演フォトコレクション

◆野田秀樹ロングインタヴュー:いつしか演劇に出会い、いつしか舞台に立っていた 聞き手・扇田昭彦

◆野田秀樹スペシャルエッセイ:は?

◆別役実×野田秀樹連続対談
 「大震災と演劇」司会・山口宏子
 「演劇は長く効く薬である」司会・扇田昭彦

◆座談会:若手演劇人と語る「野田さん、ちょっと質問いいですか?」

◆エッセイ
 三谷幸喜「野田さんとの思い出」
 萩尾望都「“半神”のおとしだま」

◆リレーエッセイ:10人が教える「私だけが知っている野田さんのこと」
  キャサリン・ハンター「ブレヒティアン、ベケッティアン、ヒデキアン」
 →宮沢りえ「揺れてもいいけどブレちゃいけない」
 →古田新太「ミイラ」
 →妻夫木聡「稽古初日の夜のこと」
 →仲村トオル「野田さんか神様に尋ねたいこと」
 →深津絵里「とか言っちゃって。」
 →長塚圭史「『動く』装置を求めて」
 →堀尾幸男「左側の席」
 →ひびのこづえ「衣装と野田さん」
 →篠山紀信「世界で一番恐い男」

◆往復書簡:橋爪功×野田秀樹「たまには手紙で」

◆論考
 長谷部浩「野田秀樹論 『THE BEE』以降の新たな展開」
 鴻英良「収容所の身振りと希望 野田秀樹演劇における批評性の現在」
 野田学「母の消失と祈り 野田秀樹の『ゼンダ城の虜』から現在へ」
 山口宏子「演じる人 野田秀樹」
 長谷川祥久「野田秀樹と東京芸術劇場改修計画」
 大木シエキエルチャック絢深「『THE BEE』の美 ニューヨーク、ロンドン公演の魅力を再考する

◆野田秀樹・単行本未収録エッセイ:
 「ロンドンへの道」
 「人間の善意を信じ続けた悪意の作家」
 「勘九郎、鏡獅子の千穐楽、三たび」
 「『匿名性』の文化から演劇を取り戻したい」
 「劇場を支えるのは、柱ではない」

◆野田秀樹語録2011〜2012

◆野田秀樹自身による、劇団「夢の遊眠社」解散前全舞台解説

◆野田秀樹・略年譜

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥ 250が掛かります。

Related Items

  • 世界演劇辞典[バーゲンブック]
    ¥ 3,400
  • こんな舞台を見てきた——扇田昭彦の日本現代演劇五〇年史[バーゲンブック]
    ¥ 1,450
  • ローリング・サンダー航海日誌 -ディランが街にやって来た-[バーゲンブック]
    ¥ 415

商品の評価