• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

死刑のある国ニッポン[バーゲンブック]

¥830
¥415
50%OFF

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

「知らない」で済ませるのは、罪だ。真っ向対立する廃止派・森と存置派・藤井が、死刑制度の本質をめぐり、苦悶しながら交わした大激論! 文庫化にあたり、この国の在り方についての新たな対話を収録。
[出版社より]


著 者|森達也・藤井誠二
出版社|河出書房新社[河出文庫]
定 価|830円+税
判 型|文庫判/並製
頁 数|350

ISBN|978-4-309-41416-4
初 版|2015年11月


Contents
第1章 犯罪被害者遺族の「発見」
第2章 死刑をめぐる論理と情緒
第3章 オウム後の「風」の吹き着く先
第4章 罪と罰のバランス
第5章 加害者を「赦す」ということ
第6章 死刑とメディア
第7章 裁判員制度と死刑判決
第8章 「死刑を望む感情」は悪か?
終章 裁判員制度導入後、そしてこれからのニッポン


Author
森 達也 Tatsuya Mori
1956年生まれ。映画監督、作家。自主制作ドキュメンタリー映画『A』、『A2』が高い評価を受ける

藤井 誠二 Seiji Fujii
1965年生まれ。ノンフィクションライター。高校在学中からさまざまな社会運動に関わり、高校卒業後、フリーライターとなる。著書に『17歳の殺人者』、『アフター・ザ・クライム』他多数。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥250が掛かります。

Related Items

  • 考える身体
    ¥1,342
  • “ひとり出版社”という働きかた[増補改訂版]
    ¥2,002
  • これからのヴァギナの話をしよう
    ¥2,420

商品の評価