• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

町山智浩・春日太一の日本映画講義 時代劇編

¥968

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

邦画は傑作の宝庫だ! 日本の映画語りを牽引する二人が必見の作品を精選し、その魅力と見方を語り尽くす。時代劇編には「七人の侍」「宮本武蔵」「子連れ狼」「竜馬暗殺」などを収録。
[出版社より]


著 者|町山智浩・春日太一
出版社|河出書房新社
定 価|880円+税
判 型|新書判
頁 数|304

ISBN|978-4-309-63109-7
初版|2019年6月


Contents
はじめに 町山智浩

第一章 『七人の侍』――日本映画の革命 
第二章 『宮本武蔵』五部作――「この空虚、所詮、剣は武器か」 
第三章 『剣』三部作――三隅研次の美学 
第四章 『子連れ狼』シリーズ――血しぶき父子 冥府魔道 
第五章 『竜馬暗殺』『浪人街RONINGAI』――ザ・アウトロー、原田芳雄
第六章 『御用金』『人斬り』――五社英雄と豪華すぎる仲間たち 

おわりに 春日太一


Author
町山智浩 Tomohiro Machiyama
1962年生まれ。映画評論家・ジャーナリスト。早稲田大学法学部卒。『宝島』『別冊宝島』などの編集を経て、『映画秘宝』を創刊。後、アメリカに移住。著書に『トラウマ映画館』『さらば白人国家アメリカ』など。

春日太一 Taichi Kasuga
1977年生まれ。映画史・時代劇研究家。日本大学大学院博士後期課程修了。著書に『時代劇は死なず! 』『天才 勝新太郎』『あかんやつら』『なぜ時代劇は滅びるのか』『文藝別冊 五社英雄』など。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥250が掛かります。

Related Items

  • 逆さに吊るされた男
    ¥1,870
  • ヒッピーのはじまり
    ¥2,970
  • ユリイカ 2021年09月号 立花隆
    ¥1,760

商品の評価