• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

タブーこそを撃て! 原一男と疾走する映画たち[バーゲンブック]

¥ 1,750
¥ 875
50%OFF

『さようならCP』(72)『極私的エロス・恋歌1974』(74)『ゆきゆきて、神軍』(87)『全身小説家』(94)、そして新作ドキュメンタリー『ニッポン国VS泉南石綿村』(17)……実に24年ぶりとなる原一男監督の新作が2018年3月10日公開。
本書では最新作を含む圧倒的に「面白い」原一男監督の疾走の軌跡を追走しています。

原一男監督へのロングインタビュー、庵野秀明・柳美里・塚本晋也との対談、四方田犬彦、三浦雅士、大塚英志による論考、辺見庸が語る「原一男映画」などなど、充実の誌面。
[出版社より]


出版社|キネマ旬報社
定 価|1,750円+税
判 型|B5判/並製
頁 数|128

ISBN|978-4-87376-460-3
初 版|2018年03月


Contents
■全仕事を振り返る本に寄せて 原一男

■疾走するドキュメンタリー① 微かな動き、小さな声に感応して 『ニッポン国VS泉南石綿村』
 私の感情・肉体=カメラの衝動に身を任せ、アクションを捉えたい インタビュー 原一男 
 原一男における死の韻律と過剰なるもの 『ニッポン国VS泉南石綿村』作品評 四方田犬彦 

■あらゆる抵抗が無化される時代をどう捉えるか 辺見庸、原一男映画を語る 

■ドキュメンタリーとアニメーション それぞれのアイデンティティを探して 対談 原一男、庵野秀明 

■原一男 映画を読む、映画を語る
 読む、映画
 語る映画
・「狂気」ってなんだ? 収容病棟という「逆」ユートピア 対談 原一男、王兵
・表現の自由をめぐって 『ナヌムの家』上映妨害事件を通して考える 座談会 原一男、鈴木邦男、田中美津

■疾走するフィルモグラフィー② 戦争、私刑(リンチ)、人肉食 『ゆきゆきて、神軍』
 神軍にはすべてがある! 対談 原一男、塚本晋也
 あまりに劇的なドキュメント 座談会 原一男、佐木隆三、品田雄吉 
 劇的であること 『ゆきゆきて、神軍』作品論 大塚英志 

■疾走するフィルモグラフィー③ 行動する障害者、記録するカメラ 『さようならCP』
 それぞれのたたかい 座談会 原一男、玉木幸則、真野修一

■疾走するフィルモグラフィー④ 虚構は現実から出発する 『全身小説家』『極私的エロス・恋歌1947』
 眼のドキュメンタリー~『全身小説家』に寄せて~ 三浦雅士
 現実と虚構の親密さについて 『全身小説家』『極私的エロス恋歌1974』 対談 原一男、柳美里

■極私的手記 
 ①人恋しさは、満たされてしまった 武田美由紀
 ②映画がロマンなら、生活もロマンさ! 小林佐智子

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    厚さ3cmまでの書籍、Blu-ray、DVD、雑貨が対象。同梱も可能です。

    全国一律 ¥ 250

※¥ 4,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • ミステリヤ・ブッフ
    ¥ 1,047
  • 近頃なぜか岡本喜八
    ¥ 2,750
  • めぐりあうものたちの群像
    ¥ 5,720

商品の評価