• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

本屋な日々 青春篇

¥1,980

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

プロの書店員のほかは読む機会が少なかった好評連載がついに単行本化。津々浦々の「本屋」を通して人と社会を描き出す、石橋毅史のライフワークがここに結実。第一弾は、情熱にかられて「本屋」となった若者たちの群像『本屋な日々 青春篇』

以後続刊——。
刻々と変化する状況にあらがう本屋たちの姿を描く。『本屋な日々 風雲篇』
壮年となった本屋たち、かれらの激闘が次の世代にのこすものとは―。『本屋な日々 激闘篇』
夢幻の本屋か現実かー、本屋と本をめぐる掌編。『本屋な日々 番外編』
[出版社より]


著者|石橋毅史
出版社|トランスビュー
定価|1,800円+税
判型|A5変型判
ページ数|312

ISBN|978-4-7987-0167-7
初版|2018年6月


Contents
この旅の向こう
伝える本屋
そこにある本屋
出会いの本屋
青春の本屋
いつか辿りつく場所
あとがき


Author
石橋毅史 Takefumi Ishibashi
1970年東京都生まれ。日本大学芸術学部卒。出版社勤務を経て、出版業界専門紙「新文化」の記者、編集長を務める。2010年フリーランスとなる。著書に『「本屋」は死なない』(新潮社)、『口笛を吹きながら本を売る』(晶文社)、『まっ直ぐに本を売る』(苦楽堂)など。『「本屋」は死なない』が台湾で閲読職人大賞(2013年)を受賞している。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥250が掛かります。

Related Items

  • 逆さに吊るされた男
    ¥1,870
  • ヒッピーのはじまり
    ¥2,970
  • ユリイカ 2021年09月号 立花隆
    ¥1,760

商品の評価