• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

アミダクジ式ゴトウメイセイ[対談篇]

¥ 4,180

「千円札文学論」とは何か?
「分裂=混血の文学」とは何か?
そして日本近代文学の「超ジャンル性」とは何か?

【没後18年・待望の新刊は初の対談集】
名著『挾み撃ち』で知られる小説家・後藤明生——。電子書籍による復刊や選集『後藤明生コレクション』の刊行もスタートし再評価の機運が高まっている。収録した計22本の対談では、五木寛之、小島信夫、蓮實重彥、柄谷行人、島田雅彦らを相手に、敗戦による引揚体験や、小説の技法・文体・喜劇性、ゴーゴリやカフカなど海外文学からの影響、日本近代文学の起源などをテーマに、アミダクジのように話を脱線させながら饒舌に語り尽くす。後藤ファン必携の書。『座談篇』も同時刊行。
[出版社より]


著者|後藤明生
出版社|つかだま書房
定価|3,800円+税
判型|A5判・函入
ページ数|448

ISBN|978-4-908624-00-1
初版|2017年5月


Contents
もくじ
❖文学における原体験と方法|一九九六年|五木寛之
❖追分書下ろし暮し|一九七四年|三浦哲郎
❖父たる術とは|一九七四年|黒井千次
❖新聞小説『めぐり逢い』と連作小説をめぐって|一九七六年|三浦哲郎
❖「厄介」な世代――昭和一ケタ作家の問題点|一九七六年|岡松和夫
❖失われた喜劇を求めて|一九七七年|山口昌男
❖文芸同人誌「文体」をめぐって|一九七七年|秋山駿
❖ロシア文明の再点検|一九八〇年|江川卓
❖〝女〟をめぐって|一九八一年|三枝和子
❖「十二月八日」に映る内向と自閉の状況|一九八二年|三浦雅士
❖何がおかしいの?――方法としての「笑い」|一九八四年|別役実
❖文学は「隠し味」ですか?|一九八四年|小島信夫
❖チェーホフは「青春文学」ではない|一九八七年|松下裕
❖後藤明生と『首塚の上のアドバルーン』|一九八九年|富岡幸一郎
❖小説のディスクール|一九九〇年|蓮實重彥
❖疾走するモダン――横光利一往還|一九九〇年|菅野昭正
❖谷崎潤一郎を解錠する|一九九一年|渡部直己
❖文学教育の現場から|一九九二年|三浦清宏
❖文学の志|一九九三年|柄谷行人
❖親としての「内向の世代」|一九九三年|島田雅彦
❖小説のトポロジー|一九九五年|菅野昭正
❖現代日本文学の可能性――小説の方法意識について|一九九七年|佐伯彰一


Author
後藤明生 Meisei Goto
一九三二年四月四日、朝鮮咸鏡南道永興郡永興邑生まれ。敗戦後、旧制福岡県立朝倉中学校に転入。早稲田大学第二文学部露文学科卒。在学中の一九五五年、「赤と黒の記録」が全国学生小説コンクールに入選、「文藝」に掲載。卒業後、博報堂を経て平凡出版に勤務。一九六二年、「関係」で文藝賞佳作。一九六七年、「人間の病気」で芥川賞候補。翌年、専業作家に。一九七七年、『夢かたり』で平林たい子文学賞、一九八一年、『吉野大夫』で谷崎潤一郎賞、一九九〇年、『首塚の上のアドバルーン』で芸術選奨文部大臣賞を受賞。一九八九年、近畿大学文芸学部の設立にあたり教授に就任。一九九三年より同学部長を務めた。一九九九年八月二日、逝去。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 宅急便コンパクト

    ヤマトが提供する配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 900円
    • 東北

      • 青森県 700円
      • 岩手県 700円
      • 宮城県 700円
      • 秋田県 700円
      • 山形県 700円
      • 福島県 700円
    • 関東

      • 茨城県 700円
      • 栃木県 700円
      • 群馬県 700円
      • 埼玉県 700円
      • 千葉県 700円
      • 東京都 700円
      • 神奈川県 700円
      • 山梨県 700円
    • 信越

      • 新潟県 700円
      • 長野県 700円
    • 北陸

      • 富山県 700円
      • 石川県 700円
      • 福井県 700円
    • 東海

      • 岐阜県 700円
      • 静岡県 700円
      • 愛知県 700円
      • 三重県 700円
    • 近畿

      • 滋賀県 700円
      • 京都府 700円
      • 大阪府 700円
      • 兵庫県 700円
      • 奈良県 700円
      • 和歌山県 700円
    • 中国

      • 鳥取県 700円
      • 島根県 700円
      • 岡山県 700円
      • 広島県 700円
      • 山口県 700円
    • 四国

      • 徳島県 700円
      • 香川県 700円
      • 愛媛県 700円
      • 高知県 700円
    • 九州

      • 福岡県 900円
      • 佐賀県 900円
      • 長崎県 900円
      • 熊本県 900円
      • 大分県 900円
      • 宮崎県 900円
      • 鹿児島県 900円
    • 沖縄

      • 沖縄県 900円

※6,000円以上のご注文で送料が無料になります。

Related Items

  • 〆切本2
    ¥ 2,530
  • ビンダー vol.5 特集「オカルト」
    ¥ 1,100
  • 青色とホープ
    ¥ 1,430

商品の評価