• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

イタリア絵画史

¥ 1,650

美術において重要なのは主題ではない、線・形・色がすべてだ——。

本書は、イタリアを代表する美術史家ロンギの伝説的講義録である。第1部「イデー」では、事物の躍動を捉えつつ展開していく線、光による造形性、色彩表現とその綜合様式など、美的判断の基準を提出。続く第2部「歴史」では、古代ローマから“イタリア絵画の終焉”までをイデーに基づいて論じる。絵画が心理的歴史的な説明図に堕することなく、純粋に視覚的に批評されるべしという透徹した主張は、パゾリーニやモランディらに絶大な影響を与えた。収録図版多数。
[出版社より]


著 者|ロベルト・ロンギ
訳 者|和田忠彦・丹生谷貴志・柱本元彦
出版社|筑摩書房[ちくま学芸文庫]
定 価|1,500円+税
判 型|文庫版/並製
頁 数|384

ISBN|978-4-480-09990-7
初 版|2020年6月


Contents
1 イデー
線的様式
造形的様式
造形的=線的様式
形の遠近法的様式
純色彩的様式 ほか

2 歴史 イタリア絵画の変遷
ローマのモザイクの造形的様式
ビザンティンの色彩的様式
ギリシア=ビザンティンの線的様式
ロマネスク時代におけるこれらの芸術様式の細々とした継続
ドゥッチョと華紋線 ほか


Author
ロベルト・ロンギ Roberto Longhi
1890‐1970年。イタリア・アルバ生。20世紀イタリアを代表する美術史家。トリノ、ローマで学んだ後、ヨーロッパを放浪。ボローニャ大学で中世・近代美術史を講じ、第二次世界大戦後フィレンツェ大学に移る。戦後イタリアを代表する月刊誌『パラゴーネ』を主宰。

Translator
和田 忠彦 Tadahiko Wada
東京外国語大学名誉教授。

丹生谷 貴志 Takashi Nibuya
神戸市外国語大学名誉教授、

柱本 元彦 Motohiko Hashiramoto
大学非常勤講師・翻訳家。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    厚さ3cmまでの書籍、Blu-ray、DVD、雑貨が対象。同梱も可能です。

    全国一律 ¥ 250

※¥ 4,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • 性からよむ江戸時代 生活の現場から
    ¥ 902
  • ドイツ植民地研究
    ¥ 4,290
  • 人間
    ¥ 1,047

商品の評価