• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

句集 また明日

¥ 2,530

俳句を作ることと服を着ることは似ている。(「あとがき」より)

飄々とした詠みぶりに定評のある太田うさぎが四半世紀の句歴を経て刊行する、待望の第一句集!〈葉生姜や雨は都を洗ひ上げ〉から〈ラグビーの主に尻見てゐる感じ〉まで、厳選300句を収録。
[出版社より]


著 者|太田うさぎ
出版社|左右社
定 価|2,300円+税
判 型|四六変形判/並製
頁 数|176

ISBN|978-4-86528-276-4
初 版|2020年5月


Contents
Ⅰ 来々軒/霞みませう/フラダンス
II 雨傘/鹿の恋/レモンティー/春は曲者
III なまはげ/乳腺図/とある日の
解説 俳句の場面(シーン)をめぐって 仁平勝
あとがき

[ 収録句より ]
もう春が終はつてしまふ来々軒
彼が下げ夕張メロン上京す
また明日コートひらりとすたすたと
うしろより浪が浪抱く西鶴忌
星ごつたがへす寒天干場かな
レモンティー雨の向うに雨の海
春は曲者老人を鶴に変へ
ラグビーの主に尻見てゐる感じ
いくたびも銀河の岸に呼ぶ名前
風光りをり断水の昼下り


Author
太田うさぎ Usagi Ota
一九六三年 東京生まれ
一九九七年 俳句同人誌「や」入会(二〇〇五年退会)
二〇〇〇年 「豆の木」同人
二〇〇六年 「雷魚」同人(二〇一四年終刊)
二〇一五年 「なんぢや」同人
二〇一九年 「街」入会
二〇一〇年、二〇一四年「豆の木」賞受賞
現代俳句協会会員

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥ 250が掛かります。

Related Items

  • 戦前尖端語辞典
    ¥ 1,980
  • わたしたちが沈黙させられるいくつかの問い
    ¥ 2,420
  • 響映する日本文学史
    ¥ 1,980

商品の評価