• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

『こち亀』社会論 超一級の文化史料を読み解く

¥ 1,870

『こち亀』は現代の「浮世絵」だ!

庶民の金回り、地価変動と田舎ディス、テクノロジー信奉とガジェットの変遷、サブカルチャーの地位と文化系ヒエラルキー、ビジネス・アイデアとハック思考、漫画的表現とポリティカル・コレクトネス…大衆社会を定点観測し続けた連載40年の偉業から昭和~平成日本の歩みを追う。

[ 『こちら葛飾区亀有公園前派出所』とは? ]
 ・秋本治による国民的漫画
 ・「週刊少年ジャンプ」1976年42号から2016年42号まで連載
 ・コミックス全200巻はギネス世界記録
[出版社より]


著 者|稲田豊史
出版社|イースト・プレス
定 価|1,700円+税
判 型|四六判/並製
頁 数|360

ISBN|9784781619187
初 版|2020年09月


Contents
第0章 「浮世絵」としての『こち亀』
 大衆文化の定点観測
 ノスタルジーではなく、「今」を描いている
 大衆の無意識な残酷さを代弁する
 触媒としての『こち亀』
 タモリと共通する「無反省」と「無節操」の美学
 『こち亀』の真の主役は両津ではない
 小中学生向けの「社会の仕組み」の教科書
 “受動的に”配達される新聞として
 『こち亀』を鑑賞する第四の視座

第1章 庶民目線の生活と経済
 バブルの口火/地価狂乱で9億円をせしめる両津
 「よそ者が東京を荒らす」ことに怒る両津
 「スーパーMMC」の運用を解説する大原部長
 「利殖はセコい、投資は危険」の日本人気質
 39億円のマンションはなぜ売れるのか
 「弾けたバブル茶化しモード」全開
 「失われた20年」に寄り添う『こち亀』
 ヒルズ族とセレブいじり
 リーマン・ショックとアベノミクス

コラム① 両津の給料

第2章 住宅と都市論からみる東京の昭和・平成史
 恒常的に高い、東京の土地
 「都内でマイホーム」は無理ゲー
 マイホーム主義者をコケにする両津
 千葉の五香、ローン8万8000円
 田舎者をバカにする江戸っ子
 架空の地名で東京以外の関東をコケにする
 23区同士の序列
 東京の再開発にリアルタイムで立ち会う
 「地価」の高さを「地下」で解消する

コラム② ブームに踊らされる大衆

第3章 『こち亀』が添い寝した技術立国ニッポン
 技術解説書としての『こち亀』
 携帯電話の普及を『こち亀』とともに追いかける
 技術斜陽のニッポンで自国賛美を叫ぶ両津
 「Windows 95」のパソコンブームにかぶりついた『こち亀』
 エロサイトで戯れる『こち亀』
 両津のデジタル・デバイド宣言と情弱いじめ
 「技術を使いこなせる者はかっこよく、使いこなせない者はかっこ悪い」
 2007年の特異点とテクノロジー・マッチョ教の崩壊
 規格合戦というダイナミズムの消失
 Wikipediaと『こち亀』不要論
 社会問題のソリューションを提示する
 ある一人の技術者の生涯

コラム③ テレビ、コンビニ、外国人――時代と世相の記録

第4章 逸脱者を嗤え
 社会問題としての暴走族と不良
 “人権”が与えられない暴走族
 キャラ化、ファンタジー化、そして無関心へ
 軟弱で金持ちの若者
 「ホットドッグ・プレス」的な軽薄さを憎む
 『なんとなく、クリスタル』な若者たち
 若者批評を放棄した『こち亀』
 「2:6:2」の逸脱者

コラム④ 『こち亀』が描かなかったもの

第5章 文化教養リテラシー植え付け装置
 マニアックであることはかっこいい
 「文化資本」としての『こち亀』
 「30すぎた男がオモチャに夢中になっている姿」はみっともない
 権威付けされた『攻殻機動隊』と『エヴァ』
 大学教授・絵崎コロ助が付与した「権威」
 『タモリ倶楽部』的な情報漫画
 マニア、サブカル、ポップカルチャー、そしてオタク
 オタクに対する態度変化① 嫌悪フェイズ
 オタクに対する態度変化② バディ化するオタク
 オタクに対する態度変化③ モブキャラの「オタク絵」化
 オタクに対する態度変化④ 業界の「おもしろさ」を描く
 オタクに対する態度変化⑤ アカデミズムへのにじり寄り
 オタクに対する態度変化⑥ オタク女子の同志扱い
 心根は異端にあらず

コラム⑤ 「社会の仕組み」の教科書

第6章 ビジネスの教科書
 家内制手工業と「アイデア一発」系ビジネス
 使い捨て時代、モーレツ社員、家庭崩壊問題を反映
 国鉄民営化を背景にしたアイデア列車
 ブルーオーシャンを積極的に狙う
 テクノロジードリブンで商機を見出す
 「ビジネスモデル」の発見
 「ソリューション」という概念
 良質なマーケティング実例集
 ネーミングの妙と「物は言いよう」
 「せんべいを若者に売る」リブランディング
 女性に車を売る方法
 シルバー層の積極的取り込み
 「熟年層に売れる車」のリアリティ
 “自己実現”よりも“人助け”のコンサルティング
 「衰退の五段階」を綺麗になぞる両津
 子供たちにビジネスリテラシーを植え付けた『こち亀』

コラム⑥ エコとビジネス

第7章 ポリティカル・コレクトネス考
 志村けんと『こち亀』
 ポリコレ登場による「教科書の墨塗り」
 犯罪レベルの悪ふざけと、モノ扱いされる女性
 オヤジエロスと“男の子の夢”
 きわめて幼稚な恋愛観
 ジェンダーの押し付けと旧時代的女性観
 「女ってのは……」の能力差別と根深いミソジニー
 マンスプレイニング的な態度
 情け容赦ないルッキズム
 非ブスにしかブスと言わなくなる両津
 女子にすり寄った(?)『こち亀』
 最後まで「女子」を描けなかった『こち亀』
 『こち亀』の男性同性愛者嫌悪と保毛尾田保毛男問題
 侮蔑語としての”オカマ“と”ニューハーフ“の麻里愛
 ガチムチマッチョの“ホモ”を嗤う
 最後まで変化しなかった無自覚の偏見

コラム⑦ タブーと社会的差別

第8章 『こち亀』とはなんだったのか
 「下町文化の啓蒙書」というパブリック・イメージ
 江戸・下町文化の権威化
 ノスタルジーに閉じない自画自賛
 「時代が求めるロールモデル」の変遷
 時代に不満があるなら自分が変わる、自分が変える
 現在を圧倒的に肯定する

あとがき


Author
稲田豊史 Toyoshi Inada
1974年、愛知県生まれ。編集者/ライター。キネマ旬報社でDVD業界誌編集長、書籍編集者を経て、2013年よりフリーに。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    厚さ3cmまでの書籍、Blu-ray、DVD、雑貨が対象。同梱も可能です。

    全国一律 ¥ 250

※¥ 4,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • 性からよむ江戸時代 生活の現場から
    ¥ 902
  • ドイツ植民地研究
    ¥ 4,290
  • 人間
    ¥ 1,047

商品の評価