• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

パタゴニアの野兎 ランズマン回想録[上巻]

¥ 3,520

映画『ショア』監督、クロード・ランズマンの波乱に満ちた回想録。

フランスでベストセラーとなったのはもちろんのこと、英語、スペイン語、ドイツ語、ヘブライ語、イタリア語、ポルトガル語など各国語に翻訳され、各紙で絶賛、大きな話題となった。待望の日本語版!

青年期のレジスタンス活動、ドゥルーズやサルトルの恋人だった妹の死、サルトルとの交友、ボーヴォワールとの同棲、ベルリン封鎖時代のドイツ、イスラエルへの旅…。多彩なエピソードと、深い哲学的考察のなかにユダヤ系フランス人としての自己を問い、その波乱に富んだ人生を赤裸々に語る。

時代を代表する人物との人間模様が色濃く描かれた本書は、20世紀の歴史そのものである。
[出版社より]


著 者|クロード・ランズマン
訳 者|中原毅志
出版社|人文書院
定 価|3,200円+税
判 型|四六判/上製
頁 数|320

ISBN|9784409030912
初 版|2016年03月


Contents
上巻 1章~13章


Author
クロード・ランズマン Claude Lanzmann
1925年パリに生まれる。作家、映画監督、『現代』編集長 レジスタンス勲章、レジオンドヌール三等勲章、国家功労賞グラントフィシエ章を受章。エルサレム・ヘブライ大学およびアムステルダム大学名誉博士。 1943年 対独レジスタンス運動を組織 1947年  ベルリン封鎖の時代、ベルリン自由大学で講師をつとめる 1952年 サルトル、ボーヴォワールと出会う。      イスラエルに初めて出かける 1973年 ホロコーストを扱った9時間半にも及ぶ映画『ショア』の製作にとりかかる 1985年 『ショア』公開 フィルモグラフィ 『なぜイスラエルか』1973年 『ショア』1985年 『ツァハル』1994年 『通りすぎる生者』1997年 『ソビブル、一九四三年十月十四日午後四時』2001年 『カルスキ・レポート』2010年。

Translator
中原 毅志 Tsuyoshi Nakahara
長野県生まれ。翻訳家。ルーヴァン・カトリック大学卒業。訳書に『カンボジア運命の門』(F・ビゾ著、講談社)、『ブレヒトの愛人』(J=P・アメット著、小学館)、『U.V』(S・ジョンクール著、集英社)、『食卓の不都合な真実』(G=E・セラリーニ著、明石書店)、『トランク』(短編集、ルイ・ヴィトン&ガリマール共同出版)他。著書に『悠久のソナタ』(TBSブリタニカ)。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    厚さ3cmまでの書籍、Blu-ray、DVD、雑貨が対象。同梱も可能です。

    全国一律 ¥ 250

※¥ 4,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • 沈没家族――子育て、無限大。
    ¥ 1,760
  • 屋上で会いましょう
    ¥ 1,760
  • 権力と音楽――アメリカ占領軍政府とドイツ音楽の「復興」
    ¥ 3,080

商品の評価