• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

教養の書

¥ 1,980

「全国のごく少数の幸福な読者のみなさん、ついに書いてしまいました。教養とは何か。どう身につけるか。おまけにお勉強の実践スキルまで。すべて詰まった一冊です」

万人の自由のために、魂の自由のために―君が大人になるための勇気と装置をもて!学び生きるうえで大切なすべてを伝える入門講義。
[出版社より]


著 者|戸田山和久
出版社|筑摩書房
定 価|1,800円+税
判 型|四六判/並製
頁 数|416

ISBN|978-4-480-84320-3
初 版|2020年02月


Contents
1 教養ってなんだ
 キミが大学で学ぶことの人類にとっての意味
 たかが知識、されど知識
 知識のイヤミったらしさとどうつきあうかについて、そして「豊かな知識」に何の意味があるのかについて ほか

2 教養の敵は何か、それとどう戦うべきか―現代イドラ論
 教養への道は果てしなく遠い。だのになぜ歯をくいしばりキミは行くのか
 教養への道は穴ぼこだらけ
 科学が発展したら、人間はかなりアホだということがわかってしまったという皮肉 ほか

3 教養への道の歩き方―お勉強の実践スキル
 大学に入っても、大人になっても語彙を増やすべし
 歴史的センスの磨き方
 種族のイドラと洞窟のイドラに抵抗するための具体策 ほか


Author
戸田山 和久 Kazuhisa Todayama
1958年東京都生まれ。1989年、東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。現在、名古屋大学大学院情報科学研究科教授。専攻は科学哲学。著書に『哲学入門』(ちくま新書)、『論理学をつくる』『科学的実在論を擁護する』(以上、名古屋大学出版会)、『知識の哲学』(産業図書)、『科学哲学の冒険』『新版 論文の教室』(以上、NHKブックス)、『「科学的思考」のレッスン』『恐怖の哲学』(以上、NHK出版新書)などがある。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    厚さ3cmまでの書籍、Blu-ray、DVD、雑貨が対象。同梱も可能です。

    全国一律 ¥ 250

※¥ 4,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • 沈没家族――子育て、無限大。
    ¥ 1,760
  • 屋上で会いましょう
    ¥ 1,760
  • 権力と音楽――アメリカ占領軍政府とドイツ音楽の「復興」
    ¥ 3,080

商品の評価