• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

沈没家族――子育て、無限大。

¥1,760

再入荷のお知らせを希望する

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

90年代の東京、シングルマザーの加納穂子さんは共同で保育をはじめた。大人になった僕は、かつての保育人たちに出会いなおしていく。家族をめぐる、ちょっと変わった旅の記録。
[出版社より]


著 者|加納土
出版社|筑摩書房
定 価|1,600円+税
判 型|四六判/並製
頁 数|240

ISBN|978-4-480-81853-9
初 版|2020年08月


Contents
はじめに 一五年ぶりの答えあわせ
第1章 沈没家族(土=8カ月〜2歳半)
第2章 加納家のこと(土=誕生前)
第3章 土の発生(土=0カ月〜8カ月)
第4章 戦友、めぐ(土=2歳半〜8歳)
第5章 八丈島(土=8歳〜18歳)
第6章 父・山くん(土=腹の出た20代)
第7章 保育人たち(土=子どもから大人へ)
第8章 劇場公開(土=監督になる)
第9章 人間解放(土=これから)


Author
加納 土 Tsuchi Kano
1994年生まれ、神奈川県出身。卒業制作として2015年から『沈没家族』の撮影を始め、完成した作品がPFF等の映画祭で大きな評価を得た。卒業後、「劇場版」公開。今作が初めての単行本になる。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥250が掛かります。

Related Items

  • 日本のアニメーションはいかにして成立したのか
    ¥3,740
  • 東映動画史論 経営と創造の底流
    ¥3,520
  • テアトロン 社会と演劇をつなぐもの
    ¥3,135

商品の評価