• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

すこやかな服

¥ 1,650

着た人みんながくるくる回りたくなる、その秘密とは?

実店舗なし、1着に4メートルの生地を使用、セールをやらない、無料の試着会を開催……。「健康的な消費のために」という姿勢のもと、新しい販売方法で美しい服を世に送り出し続けるファッションブランド「foufou(フーフー)」。服を買ってくれる人も作り手も納得のいく服と仕組み作りのためにfoufouがやっていること、さらに日々「気持ちよく消費するため」にはどうしたらいいのか?大注目のファッションブランドのデザイナーが伝える、「健康的な消費」のかたち。
[出版社より]


著 者|マール コウサカ
出版社|晶文社
定 価|1,500円+税
判 型|四六判/並製
頁 数|192

ISBN|978-4-7949-7194-4
初 版|2020年09月


Contents
プロローグ
はじめに

第1章:foufouのこれまで

ファッションなんて大嫌い。/ある本との出会い/服作りは楽しい/二度目の就職活動/天才たち/インターネットの中に/6畳の部屋からインターネットで誰かに届ける/はじめての販売/はじめての量産/ステイトオブマインドとの出会い/はじめての挫折/「試着会」と「ライブ配信」/これからのfoufou/無人の試着会/インターネットっぽいことでリアルで、リアルではインターネットっぽいことを

第2章:foufouの姿勢

試着会という取り組み/ライブ配信はエンターテイメント/言わないけどメイドインジャパン/セールはしないで売り切る/在庫リスクを背負うこと/数字は追わない、数字に追われない、数字と追う。/明るい機会損失/即決しないで欲しい/お客さんは神様じゃない/機能的じゃない服について/再販はライスワーク、新商品はライフワーク/お客さんの要望をどこまで聞くか/THE DRESSシリーズ「退屈な日常をドレスで踊れ」/夏は汗をかくのもシワになるのも普通なんだからいいじゃないか!「夏をドラマチックに纏う方法」/売れる足音/顔が見える職人/試着会はサッカーに似ている/foufouの名前の由来/世界一小さくて世界一大きなブランド

第3章:僕の姿勢

本は重たいSNS/アイディア/矢面に立つ覚悟はあるか/No Happening No Life/デザインすること/合理的で効率がいいだけじゃ人生は楽しくない/夢見る日用品/ものを買う度に意味を求めすぎると疲れちゃう/僕らの役割/呪いを解く服/頑張らなくても続けられることを頑張ればいい/こだわらないことに一番こだわる/手元にあるカードが何か考える/八百屋みたいな服屋/インターネットなのにリアル/フックが大事/感性のチューニング/THE DRESS 500/あなたの家のドアを開けた、いつもの道がランウェイ。/「勘違い」されることを恐れないために「言葉」で伝え続ける/変えてはいけないことを変えないために、変わり続ける/やっぱりこれがfoufouのコンセプト

おわりに
エピローグ


Author
マール・コウサカ
1990年生まれ。東京都出身。大学卒業後、文化服装学院のII部服飾科(夜間)に入学。2016年、在学中にファッションブランド「foufou(フーフー)」を立ち上げる。細部までこだわった美しい服はもちろん、今までにない新しいスタイルの販売方法が注目を集める。それは実店舗を持たず、製品は自身のSNSで公開し、全国各地で試着会を開催。その後、オンラインストアでのみ販売するというもの。今作が初の著書になる。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥ 250が掛かります。

Related Items

  • リベラリズムとは何か
    ¥ 1,210
  • 女の子だから、男の子だからをなくす本
    ¥ 2,200
  • ルーム
    ¥ 1,980

商品の評価