• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

理不尽な進化——伝子と運のあいだ [増補新版]

¥1,210

再入荷のお知らせを希望する

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

生物種の99.9パーセントが絶滅する。生物の歴史はずいぶんと「理不尽」な遍歴をたどってきた。本書は、絶滅という観点から生物の歴史を眺め、俗説が人びとを魅了する構造を理解することで、進化論の本当のおもしろさを読者に差し出す。

アートとサイエンスを全方位的に見渡し、かつ両者をあざやかにむすぶ、現代の名著がついに文庫化。解説=養老孟司。
[出版社より]


著 者|吉川浩満
出版社|筑摩書房[ちくま文庫]
定 価|1,100円+税
判 型|文庫版/並製
頁 数|448

ISBN|9784480437396
刊 行|2021年04月


Contents
序章 進化論の時代
 進化論的世界像―進化論という万能酸
 みんな何処へ行った?——種は冷たい土の中に
 絶滅の相の下に——敗者の生命史
 用語について——若干の注意点

第1章 絶滅のシナリオ
 絶滅率九九・九パーセント
 遺伝子か運か
 絶滅の類型学
 理不尽な絶滅の重要性

第2章 適者生存とはなにか
 誤解を理解する
 模範解答と哲学的困惑
 お守りとしての進化論
 ダーウィン革命とはなんだったか

第3章 ダーウィニズムはなぜそう呼ばれるか
 素人の誤解から専門家の紛糾へ
 グールドの適応主義批判——なぜなぜ物語はいらない
 ドーキンスの反論―なぜなぜ物語こそ必要だ
 デネットの追い討ち——むしろそれ以外になにが?
 論争の判定

終章 理不尽にたいする態度
 グールドの地獄めぐり
 歴史の独立宣言
 説明と理解
 理不尽にたいする態度
 私たちの「人間」をどうするか

文庫版付録 パンとゲシュタポ


Author
吉川浩満 Hiromitsu Yoshikawa
1972年鳥取県米子市生まれ。文筆家、編集者。慶應義塾大学環境情報学部卒業。書評サイトおよびYouTubeチャンネル「哲学の劇場」を山本貴光とともに共同主宰している。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥250が掛かります。

Related Items

  • 日本のアニメーションはいかにして成立したのか
    ¥3,740
  • 東映動画史論 経営と創造の底流
    ¥3,520
  • テアトロン 社会と演劇をつなぐもの
    ¥3,135

商品の評価