• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

増補 現代美術逸脱史 1945-1985

¥1,650

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

「美術」とは何かが問い直される時代にあって、日本の美術家たちは、どのような思想のもとにいかなる創作活動を展開してきたか。

具体、ハイレッド・センター、もの派、美共闘、ポストもの派……。

戦後40年の日本美術の流れを跡付け、欧米の模倣でもなく、伝統への回帰でもないその逸脱の軌跡の中に、日本固有の「美術」の萌芽を読みといていく。作品や展覧会をもとに論じるだけでなく、針生一郎、宮川淳らの批評や、李禹煥ら作家の思想も追った。「類としての美術」を提唱した鮮烈な批評にして画期的通史、およそ100頁の増補を加えた決定版。 解説=光田由里。
[出版社より]


著 者|千葉成夫
出版社|筑摩書房[ちくま学芸文庫]
定 価|1,500円+税
判 型|文庫版/並製
頁 数|496

ISBN|978-4-480-51070-9
刊 行|2021年09月


Contents
序 

第一章 「具体」―アンフォルメル―「反芸術」
Ⅰ 批評の推移 
Ⅱ 「具体」とは何か 
Ⅲ アンフォルメル
Ⅳ 「反芸術」のとらえなおし 

第二章 一九六〇年代
Ⅰ ハイレッド・センターから「環境芸術」へ 
Ⅱ 日本概念派 

第三章 「もの派」
Ⅰ 「もの」の位相の展開 
Ⅱ 世界とのかかわりの思想 

第四章 一九七〇年代
Ⅰ 美術学生の反乱 
Ⅱ 類としての美術 
Ⅲ 美術の現在

増補 この先へ
増補へ 
Ⅰ 「もの派」の展開と変容 
Ⅱ 「ポストもの派」の展開 1
Ⅲ 「ポストもの派」の展開 2
Ⅳ 「いま」のあとさき 

註 
あとがき 
文庫版あとがき 
文庫版解説にかえて(光田由里)


Author
千葉 成夫 Shigeo Chiba 
1946年生まれ。美術批評家。早稲田大学文学部大学院文学研究科博士課程修了(西洋美術史専攻)。フランス、パリ第一大学博士課程留学(同・大学博士号取得)。東京国立近代美術館学芸員、中部大学教授などを務めた。国内外の多くの展覧会企画等にも携わる。著書に『未生の日本美術史』など多数。また個人美術批評誌『徘徊巷』を2002年から(現在第16号迄)刊行。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥250が掛かります。

Related Items

  • 女たちのポリティクス 台頭する世界の女性政治家
    ¥990
  • 高い城・文学エッセイ
    ¥3,080
  • ぼくらの時代の罪と罰
    ¥1,980

商品の評価