• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

もう空気なんて読まない

¥1,694

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

フェミニズムに人生が救われた――。恋愛やセックス、仕事、人間関係。生活と地続きに考えるフェミニズムの形。石川優実はなぜ闘うのか。自らを見つめ直した渾身の書き下ろしエッセイ!

生活のなかで感じてしまうモヤモヤのいくつか。それらは、一見して些細なことかもしれない。けれども、やがて大きな違和感になってくる。

結婚するのが当たり前で、そうでなければダメだと思っていたこと。男性たちの話に無理にでも笑顔で対応しなければならないと思っていたこと。スーパーで「奥さん」と一方的に声をかけられても受け流したこと。

いやになるほど味わった理不尽。セクハラとパワハラを受ける日々。抵抗しないようにしていた。何も考えないようにしていた。

つまり、ずっと空気を読んでいた。そんな自分のことが嫌いだった20代。そんななかで出会ったフェミニズム。

「フェミニズム」という言葉も知らなかったけど、夢中になって学んだ。性的同意、無意識の偏見、ミソジニーの現実、シスターフッド。語るべきことは、たくさんある。

恋愛、セックス、労働、対人関係。私的な事情にだって、フェミニズムが関わっている。

空気を読んでいたら何も進まない。

だから闘う。闘った末に、幸せが待っているならば――。
もう空気なんて読まない。

[出版社より]


著 者|石川優実
出版社|河出書房新社
定 価|1,540円+税
判 型|四六判・並製
頁 数|224

ISBN|978-4-309-03012-8
初 版|2021年11月


Contents
第1章 恋愛とセックスとフェミニズム——フェミニストだって恋します!
 本当に「彼氏」が欲しいのだろうか?
 恋とフェミニズムについて ほか

第2章 他者と社会とフェミニズム——世の中に溢れる理不尽に中指を立てろ
 自分のなかにもある偏見と向き合い続けよう
 私が喧嘩を好きな理由 ほか

第3章 今を生きるためのフェミニズム——声をあげるべき時代が来た時に考えること
 「結婚」についてもう一度考えてみた
 専業主婦を「楽」と思うことの正体 ほか

第4章 「私」にまつわるフェミニズム——フェミニズムが自分事になるまで
 フラットシューズで働ける男たち
 私も普通に重い荷物持ちますけど? ほか


Author
石川 優実 Yumi Ishikawa
1987年生まれ。俳優、フェミニスト、アクティビスト。#KuToo署名発信者として各方面で活動を展開。著書に『#KuToo 靴から考える本気のフェミニズム』(現代書館)がある。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト/レターパックプラス

    全国一律 ¥250

※¥5,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • 搾取都市、ソウル——韓国最底辺住宅街の人びと
    ¥1,870
  • はたらかないで、たらふく食べたい 増補版
    ¥902
  • 現代思想入門
    ¥990

商品の評価

Mail Magazine

新商品やキャンペーンなどの最新情報をお届けいたします。