• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

現代怪談考

¥2,090

SOLD OUT

再入荷通知を希望する

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

姑獲鳥、カシマ、口裂け女、テケテケ、八尺様、今田勇子――。
そのとき、赤い女が現れる。

絶対に許せない人間の「悪」。
深淵を覗き込んだ時、そこに映るものは何か。

現代怪談に姿・形を変えながら綿々と現れ続ける「赤い女」。そのルーツとは。現代人の恐怖の源泉を見据えることで明らかになる「もう一つの現代史」。赤い女の系譜を辿りつつ、その他重要な現代怪談のトピックについても探索していく。浮かび上がる「ミッシングリンク」とは。怪談の根源を追求する、吉田悠軌の探索記、その最前線へ。
[出版社より]


著 者|吉田悠軌
出版社|晶文社
定 価|1,900円+税
判 型|四六判/並製
頁 数|352

ISBN|978-4-7949-7288-0
初 版|2022年01月


Contents
怪談の深層に眠るもの:「子殺し」怪談 secition1
1:イタリア公園へ
2:こんな晩
3:ザシキワラシ

[現代怪談の最前線]:歩く死体を追いかけろ!

怪談の深層に眠るもの:「子殺し」怪談 section2
4:現代怪談の幕開け
5:夕焼けの人さらい
付1:赤い女前史
6:口裂けの系譜

[現代怪談の最前線]:牛の首

怪談の深層に眠るもの:「子殺し」怪談 section3
7:子殺しの罪と罰――コインロッカーベイビーとしての「コトリバコ」
8:欠損する下半身の意味するもの――カシマさん

[現代怪談の最前線]:人面犬

怪談の深層に眠るもの:「子殺し」怪談 section4
9:「大流行」以前の口裂け女
10:変容する口裂け女
11:潜伏するカシマ・ウイルス
付2:テケテケ

[現代怪談の最前線]:岐阜ポルターガイスト団地

怪談の深層に眠るもの:「子殺し」怪談 section5
12:「感染」を拡大させる赤い女――アクサラ、泉の広場の赤い女
13:「白い女」の系譜――サチコ、ひきこさん、八尺様
14:産みなおし、生まれ返りを希求する存在たち
付3:MOMOチャレンジ

[現代怪談の最前線]:樹海村

怪談の深層に眠るもの:「子殺し」怪談 section6
15:なぜ多くの人々が「赤い服を着た大きな女」を見てしまうのか?
16:怪談とはなにか、恐怖とはなにかを探ること

おわりに


Author
吉田 悠軌 Yuki Yoshida
怪談研究家。1980年、東京都生まれ。早稲田大学卒業後、ライター・ 編集活動を開始。怪談サークル「とうもろこしの会」の会長をつとめ、 オカルトや怪談の研究をライフワークに。テレビ番組「クレイジージ ャーニー」では日本の禁足地を案内するほか各メディアで活動中。 著書に『一生忘れない怖い話の語り方』(KADOKAWA)、『オカルト探 偵ヨシダの実話怪談』シリーズ1~4巻(岩崎書店)、『怖いうわさ ぼくらの都市伝説』シリーズ1~5巻(教育画劇)、『恐怖実話 怪の残香』(竹書房)、『日めくり怪談』(集英社)、『禁足地巡礼』 (扶桑社)、『一行怪談(一)(二)』(PHP研究所)など多数。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト/レターパックプラス

    全国一律 ¥250

※¥5,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • 高架線
    ¥715
  • 現代思想 2022年07月号 「加害者」を考える
    ¥1,650
  • 人=人生=建築 ユイイツムニの家
    ¥2,640

商品の評価

Mail Magazine

新商品やキャンペーンなどの最新情報をお届けいたします。