• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

絶滅へようこそ――「終わり」からはじめる哲学入門

¥1,980

SOLD OUT

再入荷通知を希望する

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

完新世絶滅期(Holocene extinction)、あるいは、第六次の大絶滅期に私たちがなすべきこととは? 全人類に問う「生の哲学」

すべてが「終わった」状態から考えるとすると、何が見えてくるだろうか。

人間の視点を越えた視座、億年単位の宇宙を問題とする(当然すでに人類などというものもいない)、ある種「至高的な空間」から、「絶滅」を考えたとき見えてくるものとは。荒川修作の思想を系譜する気鋭の哲学者が「総合知としての哲学」を武器に、人類の未来を探究する。
[出版社より]


「そろそろ滅びるそこのあなたへ」
——成田悠輔[イェール大学助教授、半熟仮想株式会社代表取締役]

「機械の僕(しもべ)のように、家畜のように暮らしたっていいじゃないか。だってもう、“人間”は終わっているんだから」
——磯野真穂[人類学者]


著 者|稲垣諭
出版社|晶文社
定 価|1,800円+税
判 型|四六判/並製
頁 数|380

ISBN|978-4-7949-7309-2
初 版|2022年04月


Contents
手引きのようなもの――視野を途方もなく拡張する

1 絶滅へようこそ
2 「まだ始まっていない」と「もう終わっている」の隙間を生きてみる
3 機械のやさしさ
4 食べられたい欲望
5 神はまだ必要なのだろうか
6 人間はツルツルになっていく
7 苦しめば報われるのか?
8 大人しい人間と裁きたい人間
9 暴力と寛容
10 風景なきiPhoneは空虚で、iPhoneなき風景は盲目である
11 自己家畜化とどう向き合うか
12 歴史の終わりとは何だったのか?(過去からの終わり1)
13 村上春樹とピンボール・マシーン(過去からの終わり2)

終わりが始まるまでに――人間の行方


Author
稲垣 諭 Satoshi Inagaki
1974年、北海道生。東洋大学大学院文学研究科哲学専攻博士後期課程修了。 文学博士。自治医科大学総合教育部門(哲学)教授を経て現在、東洋大学 文学部哲学科教授。専門は現象学・環境哲学・リハビリテーションの科学哲学。 著書に『大丈夫、死ぬには及ばない──今、大学生に何が起きているのか』 (学芸みらい社)『壊れながら立ち上がり続ける――個の変容の哲学』 (青土社)など多数。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト/レターパックプラス

    全国一律 ¥250

※¥5,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • 高架線
    ¥715
  • 現代思想 2022年07月号 「加害者」を考える
    ¥1,650
  • 人=人生=建築 ユイイツムニの家
    ¥2,640

商品の評価

Mail Magazine

新商品やキャンペーンなどの最新情報をお届けいたします。