• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

反「女性差別カルチャー」読本

¥1,100

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

gasi editorial第一弾のZINE、『反「女性差別カルチャー」読本』を刊行しました。

女性差別的発言、誹謗中傷、攻撃、からかいなど、SNSやメディア、リアルの生活において女性差別を「ネタ」として扱う、いうなれば「女性差別カルチャー」はなぜなくならないのか。この問題について研究、メディア、書店など多様な立場の執筆者たちがさまざまな形で考察した、読み応えある論考集です。
[出版社より]


発 行|gasi editorial
出版社|タバブックス
定 価|1,000円+税
判 型|B6判/並製
頁 数|70
初 版|2022年05月


Contents
小林えみ ハトシェプスト
小山内園子 お仕置き名刺
関口竜平 文化=刷り込まれた価値観を認識するために
北村紗衣 うぬぼれ屋さん、この文章もたぶん自分のことだと思ってるんでしょ?
濵田真里 「女性差別カルチャー」の背景にある、男同士の絆
能川元一 「表自戦士」のフェミニズム・バッシング
河野真太郎 岐路に立つこと
小川たまか ミサンドリスト裁判
隠岐さや香 終わらない革命
山田亜紀子 私たちは屈しない――女性運動に対するSNS上の誹謗中傷
松尾亜紀子 「女性差別カルチャー」を知り、脱するために読みたい5冊
宮川真紀 どこから、どうやって人は変わるのか
山口智美 メディア抗議と「フェミだんまり」批判
越智博美 「不愉快な思いをされた方がいたら申し訳ないんですが」——ホモソーシャル共同体入会への符牒
松永典子 性差別のない文化の夢を見る
渚 一介の映画好きにできる二、三の事柄(あるいはもっと?)。 
清水晶子 無題

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト/レターパックプラス

    全国一律 ¥250

※¥5,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • 死刑について
    ¥1,320
  • 現代思想 2022年07月号 「加害者」を考える
    ¥1,650
  • 現代思想 2022年06月臨時増刊号 ウクライナから問う
    ¥1,980

商品の評価

Mail Magazine

新商品やキャンペーンなどの最新情報をお届けいたします。