• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

生きるためのフェミニズム——パンとバラと反資本主義

¥1,870

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

「私たちはみな、資本主義という恒常的な災害の被災者である。パン(金)も、バラ(尊厳)も、両方よこせ!」

蔓延する新型ウィルス、パンデミック下で強行される五輪、そして顕在化する不平等や分断。私たちが直面している危機は、COVID-19 によるというよりは元来グローバル資本主義ないしネオリベラリズムという災厄によるものである——。

女性の活躍、ケア労働、路上生活、再開発、生活保護...あらゆる格差、貧困、分断の問題を最新のフェミニズムの視点から読み解き、国内外の事例から日常的で具体的な抵抗の方法を探る。気鋭の社会学者、初の単著。
[出版社より]


著 者|堅田香緒里
出版社|タバブックス
定 価|1,700円+税
判 型|四六判/並製
頁 数|192

ISBN|978-4-907053-49-9
初 版|2021年07月


Contents
 パンとバラのフェミニズム/私たちはみな、資本主義という恒常的な災害の被災者である
 パンとバラのストライキ―ローレンスの移民女性労働者たちのストライキ
 「活」という名の妖怪―パンを食わせずバラ(のようなもの)を差し出すネオリベラリズム
 魔女は禁欲しない―パンもバラもよこせ!
 パンデミックにおけるケアインカムの要求

Ⅱ 個人的なことは政治的なこと/路上、工場、周辺の場から
 紙の味
 現代の屑拾い
 無菌化された労働力商品たちの夜
 「声」をきくことの無理

Ⅲ ジェントリフィケーションと交差性/日常の抵抗運動
 クレンジングされる街で
 猫のように体をこすりつけろ
 抵抗する庭
 「開発」と家父長制
 差別の交差性(インターセクショナリティ)
 路上のホモソーシャル空間
 夜を歩くために


Author
堅田 香緒里 Kaori Katada
静岡県生まれ。東京都立大学大学院社会科学研究科博士課程修了。博士(社会福祉学)。現在、法政大学社会学部教員。専門は社会福祉学、福祉社会学、社会政策。主な論文・著書に、エノ・シュミット/山森亮/堅田香緒里/山口純『お金のために働く必要がなくなったら、何をしますか?』(光文社新書、2018年)、「対貧困政策の新自由主義的再編:再生産領域における『自立支援』の諸相」(『経済社会とジェンダー』第2巻、2017年)、堅田香緒里/白崎朝子/野村史子/屋嘉比ふみ子『ベーシックインカムとジェンダー』(現代書館、2011年)など。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト/レターパックプラス

    全国一律 ¥250

※¥5,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • 死刑について
    ¥1,320
  • 現代思想 2022年07月号 「加害者」を考える
    ¥1,650
  • 現代思想 2022年06月臨時増刊号 ウクライナから問う
    ¥1,980

商品の評価

Mail Magazine

新商品やキャンペーンなどの最新情報をお届けいたします。