• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

梅津庸一 ラムからマトン

¥ 2,200

1982年生まれの現代美術家・梅津庸一の存在感は、ここ数年、非常に高まっています。実作での評価はもちろんのこと、その鋭利でイメージ豊かな言説や、私塾「パープルーム予備校」の創設は、多くの人を巻き込みながら、美術界にひとつのうねりをおこしています。

梅津の作品は、近代洋画の様式から受験絵画メソッドなどをベースに、柔らかな色彩に溢れた官能的なものですが、その背後には一貫したコンセプトが流れています。それはデビュー作となる2005年の《フロレアル(わたし)》にすでにあらわれており、その後もバリエーションを加えながら、現在まで深化し続けています。

タイトルの『ラムからマトン』には、「ラム」(子羊の肉=デビュー時)から「マトン」(成長した羊の肉=現在)までという意味が含まれています。同様に、この本には、デビュー作から現在に至るまでの代表作をカラー図版で掲載しています。

そして、それら梅津の作品や活動に対し、気鋭の評論家やクリエイターたちがそれぞれの視点から文章を寄せていただいたのがこの書籍です。1980年代生まれを中心とした、間違いなく今後の美術批評を担うことになる論客たちによるテキストは、いかに梅津庸一を読み解き、美術に新たな展望を与えるのでしょうか。
加えて、梅津自身によるテキストで、多くの批評家に注目を浴びた「優等生の蒙古斑」も再収録。こちらも必読です。

また、デザインには『コンテンポラリー・アート・セオリー』(イオスアートブックス、2014)での美しい装丁が記憶に新しい木村稔将さんを招き、上製本+スリーブケースの豪華なつくりとなりました。ケースに貼られた表紙絵は4パターン。アートブックともいえるような美しい仕上がりになっておりますので、ご期待ください。
[出版社より]

著者|梅津庸一
出版社|ART DIVER
定価|2000円+税
判型|A5判変形
ページ数|96
ISBN|978-4-908122-03-3
刊行|201511月

*当店で現在在庫があるのは表紙D-「第17話、血液、太陽がいっぱい」バージョンのみです
(画像2枚目)。

Contents
ラムからマトン 梅津庸一

美術予備校とヴィジュアル系 荒木慎也
蒙古斑と美術の余白 原田裕規
演劇ではなく絵画である 岸井大輔
梅津庸一論─アップデートする「美術」=フェティシズムの空間 筒井宏樹
無数の筆触が「私」を構成する─梅津庸一の作品(2005-2015) 星野太
梅津庸一のアトリエ観察から 坂本夏子
鏡とアザと花粉と─梅津庸一と美術史の亡霊たち 新藤淳
優等生の蒙古斑 梅津庸一

作品リスト
プロフィール

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    厚さ3cmまでの書籍、Blu-ray、DVD、雑貨が対象。同梱も可能です。

    全国一律 250円

※6,000円以上のご注文で送料が無料になります。

Related Items

  • 美と、美と、美。資生堂のスタイル展[図録]
    ¥ 2,200
  • 独裁者のブーツ イラストは抵抗する
    ¥ 2,750
  • ゲルハルト・リヒター:PATH
    ¥ 2,200

商品の評価