• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

F/T 11 ドキュメント 私たちは何を語ることができるのか?

¥ 1,572

震災を経て開催されたF/T11。「私たちは何を語ることができるのか?」というテーマのもと、3.11への火急の応答を試みた59日間のドキュメント。
[出版社より]


編 者|フェスティバル/トーキョー
出版社|フェスティバル/トーキョー実行委員会事務局
定 価|1,429円+税
判 型|A5判
頁 数|208

ISBN|978-4990518332
初 版|2012年5月


Contents
飴屋法水×カステルッチ、ポレシュ、松本雄吉(維新派)インタビュー収録
◆3.11――「夢の島」からの応答 / ロメオ・カステルッチ×飴屋法水

◆映画都市で作られた「演劇」そこに映し出されるのは―― / ルネ・ポレシュ

◆風景に溶け、風景を掴む / 松本雄吉

F/T シンポジウム 私たちは何を語ることができるのか?(抄録)
◆3.11以降の芸術活動とその公共性をめぐって
近藤誠一(文化庁長官)× ハンス=ティース・レーマン(演劇理論家/批評家)× 相馬千秋(F/Tプログラム・ディレクター)

◆日本・現代・アート〜「終わりなき日常」の断絶から
宮台真司(社会学者)× 宮沢章夫(劇作家・演出家・作家)× 黒瀬陽平(美術家・美術評論家)

◆アジアの同時代とは何か?
住友文彦(キュレーター)× 福嶋亮大(文芸評論家)× 松田正隆(劇作家・演出家)

◆アート/ジャーナリズム/アクティビズムの新地平
津田大介(ジャーナリスト)× 中沢新一(人類学者)× 高山 明(演出家)
ほか

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    厚さ3cmまでの書籍、Blu-ray、DVD、雑貨が対象。同梱も可能です。

    全国一律 250円

※4,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • [先行販売]フィルムメーカーズ㉑ ジャン=リュック・ゴダール
    ¥ 2,970
  • 一八〇秒の熱量
    ¥ 1,760
  • ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ
    ¥ 1,650

商品の評価