• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

危機と飛翔[バーゲンブック]

¥ 3,689
¥ 1,845
50%OFF

日本におけるシュルレアリスム運動及び瀧口修造・北園克衛・冨士原清一等の詩の検証、更にはミショー・クレー・メリヨン・山口長男・加納光於・西脇順三郎・古賀春江等の画家論、土方巽・大野一雄の舞踏論を通してさぐる―20世紀前衛芸術の精神。
[出版社より]


著 者|鶴岡 善久
出版社|沖積舎
定 価|3,689円+税
判 型|B6判
頁 数|315

ISBN|9784806046127
初 版|1996年9月


Contents
1910~1939前衛文学の状況
危機へ至る夢―日本シュルレアリスム詩運動の軌跡
シュルレアリスム詩誌の誕生
離反と融合のはざまで―テクストとイマージュ、その関係につき二、三
日本のシュルレアリスムと瀧口修造
「諺」の誕生、ならびにそのあとさき―瀧口修造とミロ
鰐が通る意味、通らぬ意味―瀧口修造と北園克衛
「漂流詩」への私信
微笑、或は眼差しの行方―瀧口修造と加納光於
冨士原清一論―超現実から危機意識へ〔ほか〕


Author
鶴岡善久 Yoshihisa Tsuruoka
1936年4月13日千葉県茂原市に生まれる。1960年明治大学文学部卒業(卒論の指導教授は唐木順三)。1962年今大路葉子と結婚、二児をもうける。同年瀧口修造と出会い生涯に渡って大きな影響を受ける。公立学校教員を経て青山学院女子短大、敬愛大学で文学と美術を講じた。図録解説多数。NHK日曜美術館、フジテレビテレビ美術館などにも出演。元日本文藝家協会、日本現代詩人会々員。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥ 250が掛かります。

Related Items

  • スティーヴ・レイシーとの対話
    ¥ 3,850
  • 母影
    ¥ 1,430
  • オルタネート
    ¥ 1,815

商品の評価