• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神

¥ 1,188

営利の追求を敵視するピューリタニズムの経済倫理が実は近代資本主義の生誕に大きく貢献したのだという歴史の逆説を究明した画期的な論考。マックス・ヴェーバー(1864-1920)が生涯を賭けた広大な比較宗教社会学的研究の出発点を画す。旧版を全面改訳して一層読みやすく理解しやすくするとともに懇切な解説を付した。
[出版社より]


著 者|マックス・ヴェーバー
訳 者|大塚久雄
出版社|岩波書店[岩波文庫]
定 価|1,080円+税
判 型|文庫判
頁 数|412

ISBN|9784003420935
初 版|1989年1月


Contents
第1章 問題
 信仰と社会層分化
 資本主義の「精神」
 ルッターの天職観念―研究の課題

第2章 禁欲的プロテスタンティズムの天職倫理
 世俗内的禁欲の宗教的諸基盤
 禁欲と資本主義精神


Author
マックス・ヴェーバー Max Weber
1864-1920。ドイツの政治学者、社会学者、経済学者。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥ 250が掛かります。

Related Items

  • 白鯨 [上]
    ¥ 1,254
  • 白鯨 [中]
    ¥ 1,254
  • 白鯨 [下]
    ¥ 1,177

商品の評価