• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

ヒトのカタチ、彫刻 / 津田亜紀子・藤原彩人・青木千絵

¥ 2,475

静岡市美術館「Shizubi Project 4 ヒトのカタチ、彫刻 津田亜紀子 / 藤原彩人 / 青木千絵」(2014年12月16日-2015年3月22日)のカタログ。

Shizubi Projectでは、多くの人が行きかうエントランスホールの開放的な空間を活かして、現代のさまざまな美術の姿をご紹介します。第4回は、私たち人間の姿形(フォルム)をモチーフに、様々な素材を用いて「彫刻」とは何かを問い続ける3名の作家、津田亜紀子(1969-)、藤原彩人(1975-)、青木千絵(1981-)を紹介します。


津田亜紀子は、人体の原型を粘土で制作し、石膏で型取りを行い、最終的には透明な樹脂を使用して人の形を成り立たせます。そして軽やかな像を隠すかのよう に、その表面は花柄の布やレースで覆われています。表面にあふれる花柄や、残されたままの型取りの継ぎ目によって、人の形は曖昧で見えにくくなりますが、 抜け殻のような像からは確かな人の気配を感じます。


藤原彩人の陶の彫刻は、一つの型から何体もの複製を作り出していますが、重力にそって垂れ下がった釉薬や、人物の表情はそれぞれ少しずつ異なっています。 だらしなく手をぶら下げた空っぽな容器としての人体は、わずかに口を開いて呼吸をし、現実と空虚な世界を行き来しているかのようです。


そして青木千絵の作品は、大きな漆黒の塊から飛び出るリアルな下半身が目を惹きます。不安や恐怖といった負の感情が集積しているかのようですが、漆の持つ深い艶と相まった生命力のある造形からは、工芸的な美しさも感じられます。


長い彫刻の歴史のなかで、人体は普遍的なテーマとして繰り返し表現されてきました。「ヒトのカタチ」をつくること──「彫刻」をつくること──この古びてなお、根源的な問いかけに、樹脂、陶器、漆と、異なるアプローチで立ち向かう三者の表現を読み解きます。

[同展展覧会概要/静岡市美術館ホームページより]


編 集|静岡市美術館
出版社|マイブックサービス
定 価|2,250円+税
判 型|B5変型判
頁 数|112

ISBN|978-4-907490-05-8
初 版|2015年02月


Contents
金井直「チョウコクあるいは弱い触覚」
阿久津裕彦「人体と人体彫刻」

津田亜紀子
藤原彩人
青木千絵

以倉新「ヒトのカタチと『彫刻』――津田亜紀子、藤原彩人、青木千絵 3人の彫刻家について」
伊藤鮎「カタチとソザイ――3作家の素材の選択について」

作家略歴

[ 展覧会情報 ]
Shizubi Project 4「ヒトのカタチ、彫刻 津田亜紀子 / 藤原彩人 / 青木千絵」

静岡市美術館
2014年12月16日-2015年3月22日

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    厚さ3cmまでの書籍、Blu-ray、DVD、雑貨が対象。同梱も可能です。

    全国一律 ¥ 250

※¥ 4,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • バスキア展 メイド・イン・ジャパン[公式図録]
    ¥ 3,300
  • 絵画の力学
    ¥ 2,970
  • 人工地獄 現代アートと観客の政治学
    ¥ 4,620

商品の評価