• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

イザベル&アルフレド・アキリザン / 住む:プロジェクト——もうひとつの国

¥1,832

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

金沢21世紀美術館「イザベル・アキリザン アルフレド・アキリザン|住む:プロジェクト―もうひとつの国」(2013年8月3日~2013年11月10日)のカタログ。

イザベル&アルフレド・アキリザンによる《In-Habit(住む)》は、生産―消費の流れを示すダンボールを使って作る「家」を積み上げた、壮大なインスタレーション作品です。本作品は、ボルネオ島サバ州海岸部一帯を拠点にして暮らすバジャウ族の人々を参照しています。バジャウ族は船上または海の浅瀬に高床式住居を構え、一生を海の上で暮らす漂海民ですが、グローバル化の波を受けて、近年その暮らしぶりに変化が見られると言われています。

アキリザンはバジャウ族を通してアジアの現状を俯瞰し、経済的かつ文化的グローバライゼーションによって支えられている価値観が、画一化の危険性を拡張しているという現実に対峙しています。彼等自身もフィリピンに生まれ、現在はオーストラリアに移住して制作を続けていますが、「どこに住むか」「どのように住むか」について考えるプロジェクト「もうひとつの国」によって、あたりまえのことと考えてきた「住む」自由を脅かすような急速な世界情勢の変化に対して、個々人が直面する問題を共に考える場を提案し続けているのです。

今回の金沢でのプロジェクトは、地域の人々がバジャウ族の人々の暮らしに思いをはせながらダンボールで家を作り、それらが作品の一部として展示されます。美術館の近隣にあるアートスペースや金沢市内の学校などでも家作りのワークショップを行う予定です。また、会期中の週末には展示室内にワークショップ・ブースを設け、美術館を訪れた人々が作品の中でダンボールの家を作ることもできます。それらも次々に作品に付け加えられ、金沢の「もうひとつの国」が拡大していきます。
[同展プレスリリースより]


編 集|金沢21世紀美術館
出版社|マイブックサービス
定 価|1,666円+税
判 型|A5変型判・上製
頁 数|96

ISBN|978-4-907490-01-0
初 版|2013年09月


Contents
プロジェクト制作過程
展示風景
ドローイング

イザベル&アルフレド・アキリザン インタビュー

黒澤浩美「幸福は海に」

作家歴/謝辞/展覧会情報

[ 展覧会情報 ]
イザベル・アキリザン アルフレド・アキリザン 住む:プロジェクト―もうひとつの国

金沢21世紀美術館
2013年8月3日~2013年11月10日

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥250が掛かります。

Related Items

  • ISSUE 和田誠のたね
    ¥1,760
  • Keep an Eye Shut
    ¥6,380
  • 感覚のエデン 岡崎乾二郎批評選集 vol.1
    ¥3,960

商品の評価