• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

帰還

¥ 3,520

1979年、リビア。反体制運動のリーダーだった父がエジプトに亡命。だが11年後に拉致され、消息を絶った。2011年、カダフィ政権が崩壊。息子のヒシャームは、ついに故郷の地に降り立つ――。

バラク・オバマ、C・アディーチェ、カズオ・イシグロが絶賛する、世界的ベストセラー。ピューリッツァー賞(伝記部門)受賞作。
[出版社より]


著 者|ヒシャーム・マタール
訳 者|金原瑞人・野沢佳織
出版社|人文書院
定 価|3,200円+税
判 型|四六判/上製
頁 数|312

ISBN|9784409130414
初 版|2018年11月


Contents
1 トラップドア
2 黒のスーツ
3 海
4 陸 地
5 ブロッサー
6 詩
7 健康か? 家族は?
8 休戦とクレメンタイン
9 父と息子
10 旗
11 最後の光
12 ベンガジ
13 前世のこと
14 銃 弾
15 マクシミリアン
16 キャンペーン
17 独裁者の息子
18 行儀のいいハゲワシ
19 談 話
20 何年何ヵ月
21 骨
22 パティオ

訳者あとがき=金原瑞人・野沢佳織


Author
ヒシャーム・マタール Hisham Matar
一九七〇年、ニューヨークでリビア人の両親の間に生まれる。幼少年期をトリポリ、カイロで過ごす。一九八六年以降、イギリス在住。二〇〇六年、『リビアの小さな赤い実』(金原瑞人・野沢佳織訳、ポプラ社、原題 In the Country of Men)で小説家としてデビュー。自伝的要素の色濃い作品は高い評価を受け、ブッカー賞の最終候補にノミネートされたほか、英国王立文学協会賞など、数々の賞を受けた。その後、二作目の長編小説、『消失の構造』(原題 Anatomy of a Disappearance、二〇一一年、未訳)を発表。リビアのカダフィ政権崩壊後に発表した本作The Return: Fathers, sons and the land in betweenでピューリッツァー賞(伝記部門)を受賞した。

Translator
金原 瑞人 Mizuhito Kanehara
一九五四年、岡山県生まれ。翻訳家、法政大学社会学部教授。児童文学、ヤングアダルト向けの作品を中心に精力的に海外文学の紹介を行い、訳書は五〇〇冊を超える。書評、エッセイなどでも活躍。訳書に、シアラー『青空の向こう』(求龍堂)、〈パーシー・ジャクソンシリーズ〉(ほるぷ出版)、サリンジャー『このサンドイッチ、マヨネーズ忘れてる/ハプワース16、1924年』(新潮社)ほか多数。

野沢 佳織 Kaori Nozawa
一九六一年、東京都生まれ。翻訳家。訳書にセペティス『凍てつく海のむこうに』『灰色の地平線のかなたに』(ともに岩波書店)のほか、シュヴァリエ『林檎の木から、遠くはなれて』(柏書房)、バーネット『秘密の花園』(西村書店)、ウェストール『遠い日の呼び声』(徳間書店)、金原との共訳書にブラッドベリ『バビロン行きの夜行列車』(ハルキ文庫)、ゲイマン『アメリカン・ゴッズ』(KADOKAWA)など。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    厚さ3cmまでの書籍、Blu-ray、DVD、雑貨が対象。同梱も可能です。

    全国一律 ¥ 250

※¥ 4,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • パタゴニアの野兎 ランズマン回想録[下巻]
    ¥ 3,520
  • ゾンビの小哲学
    ¥ 2,640
  • ボランティアとファシズム
    ¥ 4,950

商品の評価