• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

山と獣と肉と皮

¥ 1,760

「かわいそう」と「おいしそう」の境界線はどこにあるのか?
 
山に入るたび、死と再生のダイナミズムに言葉を失いつつも、殺された獣を丹念に料理して、一家で食べてきた日々——。
[出版社より]


「獣を殺す/料理する/食べる。そこに生まれる問いの、なんと強靭にして、しなやかであることよ。いのちをめぐる思索の書。母として、写真家をして、冒険者として。死、出産、肉と皮革を、穢れから解き放つために」
——赤坂憲雄


著 者|繁延あづさ
出版社|亜紀書房
定 価|1,600円+税
判 型|四六判/並製
頁 数|240+口絵4

ISBN|978-4-7505-1664-6
初 版|2020年09月


Contents
はじめに
序章  獣の解体と共食
第1章 おじさんと罠猟
第2章 野生肉を料理する
第3章 謎のケモノ使い
第4章 皮と革をめぐる旅
おわりに


Author
繁延 あづさ Azusa Shigenobu
写真家。兵庫県姫路市生まれ。桑沢デザイン研究所卒。
2011年に東京。中野から長崎県長崎市へ引っ越し、夫、3人の子ども(中3の長男、中1の次男、6歳の娘)と暮らす。雑誌や広告で活躍するかたわら、ライフワークである出産や狩猟に関わる撮影や原稿執筆に取り組んでいる。
主な著書に『うまれるものがたり』『永崎と天草の教会を旅して』(共にマイナビ出版)など。現在「母の友」および「kodomoe」で連載中。
ブログ「きょうのできごと」http://adublog.exblog.jp/

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥ 250が掛かります。

Related Items

  • 90歳セツの新聞ちぎり絵
    ¥ 1,980
  • 現代手芸考 ものづくりの意味を問い直す
    ¥ 2,640
  • しゃにむに写真家
    ¥ 1,760

商品の評価