• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

造形思考[下]

¥ 1,650

「『造形思考』は、レオナルドの数々の『手稿』に匹敵するといっても、おそらく誇張にはならないだろう」(「文庫版解説」)。

クレーの思索は、動力学、光学、解剖学にまで及ぶ。そして芸術の本質を、「見えるものをそのまま再現するのではなく、見えるようにすること」と見定める。形態そのものでなく形成や造形を捉えること。そして「運動」と「反対運動」の均衡を見出すことにより、構図上の平衡が成立するという。縦横無尽に走る思索は、まさに“普遍人”の再来というにふさわしい。
[出版社より]


著 者|パウル・クレー
訳 者|土方定一・菊盛英夫・坂崎乙郎
出版社|筑摩書房[ちくま学芸文庫]
定 価|1,500円+税
判 型|文庫版/並製
頁 数|352

ISBN|978-4-480-09602-9
初 版|2016年05月


Contents
造形フォルム論によせて
Ⅲ 生成の基本概念
 運動の造形。フォルムにいたる過程の強調
 自然研究と結びついた造形論
 過程と目標の緊張。本質と現象
 自然と抽象 ほか

Ⅳ 造形的全体の組成
 運動有機体。組成の性格とその評価。領域と部分 ほか

Ⅴ 純粋な色の秩序と本質
 色彩関係を示す場でしめる位置
 面上での色の有限な、および無限な運動
 色の部分活動と色の全体性 ほか


Author
パウル・クレー Paul Klee
1879‐1940年。スイス生まれ。1898年にドイツのミュンヘンに出ると、以後ヨーロッパ各地を遍歴しつつ美術の研鑽を積む。第一次世界大戦での動員を経て、1921年から約10年間バウハウスに奉職。退職後にナチスが台頭すると祖国スイスに亡命し、晩年まで制作活動を続けた。作風は独自なもので、美術界のみならず多方面に影響を与えた

Translator
土方 定一 Teiichi Hijikata
菊盛 英夫 Hideo Kikumori
坂崎 乙郎 Otsuro Sakazaki

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥ 250が掛かります。

Related Items

  • リベラリズムとは何か
    ¥ 1,210
  • 女の子だから、男の子だからをなくす本
    ¥ 2,200
  • ルーム
    ¥ 1,980

商品の評価