• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

探偵小説と〈狂気〉

¥3,850

再入荷のお知らせを希望する

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

近代は何を狂わせたか――。

江戸川乱歩・小栗虫太郎・夢野久作ほか、探偵小説がいかに〈狂気〉を描いたかを読み解き、近代という時代に潜む文化と制度の裡面、そして文学によってなされた大胆な企みを明らかにする文学論。
[出版社より]


著 者|鈴木優作
出版社|国書刊行会
定 価|3,500円+税
判 型|A5判/上製
頁 数|372

ISBN|978-4-336-07193-4
初 版|2021年02月


Contents
序                          
  
第一部 心身における〈狂気〉         

第 一 章 狂信という心理
 ――小栗虫太郎「後光殺人事件」―― 
一 新宗教ブームと奇蹟の演出  
二 奇蹟のもたらす〈狂気〉 
三 科学による秩序の維持 
四 法水と科学的推理 
五 心をめぐる探偵小説として     

第 二 章 〈狂気〉を孕む身体
 ――夢野久作「ドグラ・マグラ」―― 
一 心理遺伝論にみる身体 
二 探偵される身体と科学思想 
三 探偵される身体による提起 
四 夢野久作と「探偵小説」      

第二部 〈狂気〉を内包する場        

第 三 章 精神病院法のもたらす探偵/犯人像の構築
 ――大阪圭吉「三狂人」―― 
一 探偵役としての松永 
二 松永のまなざし 
三 語り手のまなざし 
四 同時代の精神病院をめぐる社会状況             

第 四 章 戦後社会への批判としての〈狂気〉
 ――大下宇陀児・水谷準・島田一男「狂人館」―― 
一 狂人館と二笑亭 
二 黒田金之助のモデル赤木城吉と夏目漱石 
三 文化消費/暴力のトポス 
四 正常な世界と〈狂気〉の架橋 
五 批判的視座としての〈狂気〉 

第三部 法制度と〈狂気〉           

第 五 章 精神鑑定という罠
 ――平林初之輔「予審調書」―― 
一 モチーフとしての予審 
二 罠としての精神鑑定 
三 司法に介入する精神医学 
四 密室としての予審          

第 六 章 自白の追求という〈狂気〉
 ――小酒井不木「三つの痣」―― 
一 欲望される自白 
二 先行する犯人識別法・探偵法 
三 自白の追求方法の模索 
四 〈狂気〉の烙印          

第 七 章 夢遊病と犯罪をめぐって
 ――浜尾四郎「夢の殺人」―― 
一 大正・昭和初期の夢遊病言説と探偵小説 
二 藤次郎の殺人計画 
三 要之助の殺人 
四 浜尾短編にみる人間関係の力学           

第四部 〈狂気〉表象の歴史性 
 
第 八 章 〈狂気〉の物語の発掘
 ――岡本綺堂「影を踏まれた女」―― 
一 怪談と探偵小説 
二 「病」を探偵する 
三 モチーフとしての「影」 
四 物語の発掘        

第 九 章 精神医学に復讐する狂女
 ――夢野久作「笑ふ啞女」―― 
一 澄夫の人物造形 
二 花子の人物造形 
三 ディスコミュニケーションと身体性 
四 自滅する澄夫 
五 夢野作品と〈狂気〉 

第一〇章 佯狂表象の物語 
 ――岡本綺堂「川越次郎兵衛」―― 
一 護身としての佯狂 
二 責任回避としての佯狂 
三 戯れとしての佯狂 
四 風刺としての佯狂 
五 本作の位置 
 
第五部 仕掛けとしての〈狂気〉        

第一一章 ミスリードと〈狂人〉
 ――江戸川乱歩「緑衣の鬼」――  
一 戦争神経症から「緑色狂」へ  
二 白虹の推理を支える〈狂気〉  
三 菊太郎・乗杉の推理と科学性  
四 形式への志向  
五 不在の被害者としての〈狂人〉  

第一二章 探偵行為としての精神分析
 ――木々高太郎「わが女学生時代の罪」――  
一 「網膜脈視症」「就眠儀式」にみる精神分析  
二 「わが女学生時代の罪」にみる精神分析  
三 臨床的精神分析の受容  
四 探偵する「私」     

 おわりに  

  初出一覧  
  参考文献  
  索引 


Author
鈴木 優作 Yusaku Suzuki
神奈川県生まれ。立教大学大学院文学研究科博士前期課程修了、成蹊大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。2021年度成蹊大学非常勤講師(予定)。『新青年』研究会会員。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥250が掛かります。

Related Items

  • “ひとり出版社”という働きかた[増補改訂版]
    ¥2,002
  • 新聞記者、本屋になる
    ¥1,034
  • Bowie's Books デヴィッド・ボウイの人生を変えた100冊
    ¥2,420

商品の評価