• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

不安の書[増補版]

¥ 5,720

ポルトガルの詩人、ペソア最大の傑作『不安の書』の完訳。長年にわたり構想を練り、書きためた多くの断章的なテクストからなる魂の書。旧版の新思索社版より断章6篇、巻末に「断章集」を増補し、装いも新たに、待望の復刊!
[出版社より]


著 者|フェルナンド・ペソア
訳 者|高橋都彦
出版社|彩流社
定 価|5,200円+税
判 型|四六判/上製
頁 数|688

ISBN|978-4-7791-2604-8
初 版|2019年08月


Contents
紹介者フェルナンド・ペソアの序
第1部 ベルナルド・ソアレスの序論(断章)
第2部 告白
  1 生前ペソアにより刊行されたか、あるいは
    そのために準備されたテクスト
  2 予め準備されたのではないが
    年代順に配置されたテクスト
  3 日付のないテクスト
第3部 題名のある文学的なテクスト
  1 生前に詩人の発表したもの
  2 年代順のもの
  3 日付のないもの
【増補】
  結婚に失敗した女性への助言(1)
  結婚に失敗した女性への助言(2)
  結婚に失敗した女性たちへの助言(3)
  効果的に夢見る方法(1)
  効果的に夢見る方法(3)
  形而上学に従って効果的に夢見る方法

フェルナンド・ペソアと『不安の書』(高橋都彦)
訳者あとがき

断章集


Author
フェルナンド・ペソア Fernando Pessoa
20世紀前半のヨーロッパを代表するポルトガルの詩人・作家。
本名のフェルナンド・ペソアだけでなく
別人格の異名カエイロ、レイス、カンポスなどでも創作をおこなった。
邦訳に上記4名の詩選『ポルトガルの海』(彩流社、1985年/増補版1997年)、
『アナーキストの銀行家 フェルナンド・ペソア短編集』(彩流社、2019年)ほか。
散文集『不安の書』は、ペソア自身に近い男ソアレスの魂の書。

Translator
高橋 都彦 Kunihiko Takahashi
拓殖大学名誉教授。著書に『ブラジルポルトガル語の基 礎』(白水社、2009年)、『現代ポルトガル語辞典 3訂版』(共編、白水社、2014年)ほか。訳書にジョルジ・アマード『老練な船乗りたち──バイーアの波止場の二つの物語』(水声社、2017年)、ジョアン・ギマランイス・ホーザ『最初の物語』(水声社、2018年)ほか。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥ 250が掛かります。

Related Items

  • NOVA+ 屍者たちの帝国[バーゲンブック]
    ¥ 380
  • 有無を言わせぬ春の訪れ
    ¥ 1,760
  • インディゴ
    ¥ 3,520

商品の評価