• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

増補 社会原理序説——それでも変わらない根本的なこと

¥1,980

再入荷のお知らせを希望する

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

ヘーゲルの弁証法的展開をベースにしながらも、 鋭くもやさしい独自の感性で人類と社会を観察・分析。 2014年刊『次世代へ送る〈絵解き〉社会原理序説』に新原稿を加え、 「正解のない問題集」を付録として添えた。 中学生から大人までを対象にした「みんなの哲学書」。

著者は大学で経済を学び広告会社に入社するも、 地下鉄サリンの被害者となり退社して渡米。 MBAを取得してシリコーンバレーのベンチャーで働き、 映画製作にも携わってカンヌ国際映画祭に参加。 そのかん、膨大な数の文献を読破して哲学を独学。 縦横無尽に展開した半生から見えてきた「社会の根本原理」を示した作品。
[出版社より]


著 者|阪原淳
出版社|dZERO
定 価|1,800円+税
判 型|A5変型判・並製
頁 数|144

ISBN|978-4-907623-36-4
初 版|2020年10月


Contents
01:社会とは何か
02:社会はどのように発展していくのか
03:経済とは何か
04:四つの階層のコーン
05:マダルの虎
06:価値観とは何か
07:政治とは何か
08:社会の価値観を作っているのはだれか
09:社会を変革するのはだれか
10:仕事とは何か
11:起業家になろうとする君へ
12:科学者、技術者になろうとする君へ
13:大組織で働こうとする君へ
14:教育、メディア、宗教で働こうとする君へ
15:政治家になろうとする君へ(1)
16:政治家になろうとする君へ(2)
17:世界で一番のトマト
補遺1:技術はどのように生まれ、浸透するか
補遺2:四階層の変化スピード
補遺3:会社とは何か
補遺4:派遣、非正規雇用とムラ社会
補遺5:ギグエコノミーの本質とは何か
補遺6:完全情報社会
付録:正解のない問題集


Author
阪原 淳 Atsushi Sakahara
著述家、大学講師、映画監督。1966年、京都府に生まれる。京都大学経済学部でゲーム理論と組織の経済分析を専攻。大学卒業後は電通を経て渡米。カリフォルニア大学バークレー校でMBAを取得し、シリコンバレーでベンチャー企業に参加する。2001年には、製作に参加したアメリカ映画「Bean Cake(おはぎ)」がカンヌ国際映画祭短編部門でパルムドール(最高賞)を受ける。大学で客員研究員や講師をつとめながら、国内外のチームとともに映画製作を続けている。
著書に『サリンとおはぎ』(講談社)、『小さくても勝てます』(ダイヤモンド社)、『直線は最短か?』(ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス)などがある。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥250が掛かります。

Related Items

  • 東映動画史論 経営と創造の底流
    ¥3,520
  • 働くことの人類学[活字版]仕事と自由をめぐる8つの対話
    ¥2,200
  • 無と意識の人類史
    ¥1,980

商品の評価