• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

中動態の映像学――東日本大震災を記録する作家たちの生成変化

¥2,200

SOLD OUT

再入荷通知を希望する

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「roquentin.net」を許可するように設定してください。

酒井耕・濱口竜介、鈴尾啓太、小森はるか――。
震災を記録してきた3組の作家たちの実践から、映像メディア理論の新境地を開く。

今日のメディア・テクノロジーは、世界のあれこれの出来事をほとんどリアルタイムに私たちに見せる一方で、それらを次々と処理していくことを同時に要求している。そのなかで私たちは、日々膨大な情報に埋もれてしまい、眼前に存在する他者や未知の出来事をアクチュアルに見る能力を著しく低下させてはいないだろうか?

東日本大震災を記録した3組の「作家」たちの実践を通じて、「中動態」という概念を手がかりに他者と共生するための想像力の可能性を探る。
[出版社より]


「東日本大震災後に生まれた市民アーカイヴ、せんだいメディアテーク「3がつ11にちをわすれないためにセンター(通称:わすれン!)」という場の重要性はどれだけ語っても語り尽くせないが、本書の記述の瑞々しさは当時のざわめきを甦らせてくれた。事態のただ中へと巻き込まれ、学び、変わってゆくこと。「中動態の映像学」はここから始まる」
――濱口竜介(映画監督)


「映像テクノロジーの歴史性や、環境映像環境学の成果をとりいれつつ、東日本大震災にまつわる膨大な映像群を「芸術的中動態」の概念からとらえ、ドゥルーズの『シネマ』論の「世界への信」へと至る。本書は、「見ること」と「作ること」を巡り、「災害」と全員が当事者でありうるこの時代の映像のあり方を鮮烈に示す必読書」
――檜垣立哉(哲学者)


著 者|青山太郎
出版社|堀之内出版
定 価|2,200円+税
判 型|四六判/並製
頁 数|273

ISBN|978-4909237637
初 版|2022年01月


Contents
はじめに

序 章 〈見る〉をめぐる困難について
 第一節 〈見る〉と映像生態系
 第二節 〈見る〉の上滑り
 第三節 震災をめぐる表現への批判
 第四節 〈隔たり〉を行き来する回路
 第五節 ポストメディア概念と〈見る〉

第一章 〈見る〉とメディア・テクノロジーの系譜学
 第一節 マスメディア批判の言説の系譜
 第二節 日本における映像受容空間の変遷
 第三節 「意識の技術」としてのニューメディアへの疑念
 第四節 フランスのメディア事情の変遷
 第五節 ポストメディア論の輪郭

第二章 様々なるアーカイブ論への問い
 第一節 アーカイブ理念の再検討
 第二節 東日本大震災をめぐるデジタルアーカイブ
 第三節 災害アーカイブにおける映像記録の位置づけ
 第四節 災害アーカイブ論批判

第三章 映像生態系としての「わすれン!」の特異性
 第一節 〈作る〉を支えるせんだいメディアテーク
 第二節 「わすれン!」の理念と役割
 第三節 コミュニティ・アーカイブとしての位相
 第四節 〈見る〉と〈作る〉をアップデートさせる「場」

第四章 三つの映像制作論と作家たちの生成変化
 第一節 酒井耕・濱口竜介と〈いい声〉
  東北記録映画三部作の概要
  対話を記録するという方法
  〈いい声〉をめぐる編集
 第二節 鈴尾啓太の反復
  『沿岸部の風景』という作品について
  震災をめぐる姿勢と葛藤
  逡巡と葛藤のなかで成立する制作
 第三節 小森はるかの触発的記録
  記録と表現のあわいをゆく
  『あいだのことば』の方法論
  『波のした、土のうえ』の方法論
 第四節 イメージが立ち現れるということ
 第五節 未知なるイメージをつかまえるということ

第五章 〈作る〉と〈見る〉を結び直す中動態論
 第一節 中動態をめぐる言語学的検討
 第二節 芸術学への中動態の導入
 第三節 複眼的中動態と主体性の生成変化

終 章 〈見る〉から〈信じる〉へのイメージ論
 第一節 世界への信を回復するということ
 第二節 「より深い外部」のイメージ
 第三節 〈わからなさ〉を探索するということ

おわりに
参考文献


Author
青山 太郎 Taro Aoyama
1987年、愛知県生まれ。京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科博士後期課程単位修得退学。博士(学術)。現在、名古屋文理大学准教授。今日のメディア環境における映像制作の美学と倫理学のあり方を探求している。また、映像デザイナーとして国内外で制作・展示活動を手がける。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト/レターパックプラス

    全国一律 ¥250

※¥5,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • 搾取都市、ソウル——韓国最底辺住宅街の人びと
    ¥1,870
  • はたらかないで、たらふく食べたい 増補版
    ¥902
  • 現代思想入門
    ¥990

商品の評価

Mail Magazine

新商品やキャンペーンなどの最新情報をお届けいたします。